物価上昇の足音、長期金利の上昇の背景にも

(上記グラフは総務省などのデータを基に著者が作成)

 2月19日に発表された1月の全国消費者物価指数(除く生鮮)は前年同月比でマイナス0.6%となっていた。2月26日に発表された東京都区部の2月の全国消費者物価指数(除く生鮮)は前年同月比でマイナス0.3%となっていた。

 このようにマイナスの状態に消費者物価指数があって、インフレを気にする必要は果たしてあるのかという疑問もあろう。

 米国の消費者物価指数も1%台半ばあたりとなっている。しかし、向こう5年間のインフレ期待を示す指数は4日に一時2.5%を超え2008年以来の水準を付けた。

 この期待インフレ率の上昇、つまり物価は先行き上昇するであろうとの見方も米長期金利の押し上げ要因となっている。

 米債だけでなくこれは欧州の国債利回りも同様であり、日本国債の利回りも欧米の国債利回りの上昇を受けて、上昇していた。

 今後、物価は上昇するとの債券市場参加者の見方はどこから来ているのか。物価の先行きの見通しは難しく、期待インフレ率そのものも現時点での観測に過ぎない面もある。

 しかし、今回の物価上昇観測にはいくつかの要因があることも確かである。

 最も重要なのはこれまで物価が抑えられた要因が新型コロナウイルスの感染拡大であったこと。しかし、ワクチン接種などでいずれ感染拡大にブレーキが掛かり、経済が正常化するであろうこともたしかであり、その際に物価も正常化に向かうであろうことが予想される。

 すぐに感染拡大にブレーキが掛かるという見方はできないまでも、経済が少しずつ回復している兆候はある。それが銀や銅などの一次産品の価格にも現れている。原油価格も同様であり、WTIは60ドル台を回復し、5日には一時66.40ドルと、2019年4月以、2年ぶりの高値を付けている。

 産業の米というべき半導体も不足している。そして食料品の価格も世界的には上昇しつつある。今後は物価が次第に上昇してくるであろうことは予想できるのではなかろうか。

 それが原油先物などを通じてオーバーシュートする可能性もある。5日の黒田日銀総裁の発言などをみても、中央銀行は簡単には方向転回はしないであろう。政府の大規模な財政政策も実施されている。先行きが開ければ個人は蓄えていた貯蓄を消費に向ける可能性もある。

 上記のグラフにもあるように、日本の消費者物価指数が前回2%を超えたのは2008年7月から9月にかけてであった。この際には中国など新興国経済成長をみての仕掛け的な動きが原油先物市場に入り、原油価格が100ドルを超えたことが要因であった。

 しかし、このときの日本の長期金利は1%台にあり、比較的安定していた。現在の0.1%水準に比べれば高いが、今の水準が異常なのである。この際に物価が2%を超えたからといって日銀が金融引き締めに動くという観測はなかった。むしろ原油先物はそんなに買い上げられて何を考えているのだとの印象を持たれていた。すでにサブプライム問題が金融市場を襲い、2008年9月にはリーマン・ショックが起きた。中央銀行は危機に対し、緩和策で対応することとなり、長期金利はむしろ下げてきた。

 今回の原油先物の上昇はこのときとは様相が異なる点にも注意したい。つまり、原油先物は何を考えて上がっているのか、というより、先を読んで仕掛けているなとのイメージとなっている。

 そして経済が正常化され、物価に上昇圧力が加われば、いずれ中央銀行の金融政策も正常化される必要がある。相場は常に先を見て動く。

 米長期金利の上昇は円安要因ともなっていることにも注意したい。原油価格の上昇と円安によって、日本の物価には上昇圧力が加わることになる。

 すでに原油価格は前年同月に比べて現在のほうが高くなっており、それだけでも物価には上昇圧力となる。また、緊急事態宣言によりGoToトラベルによる一時的な影響(物価への下方圧力)もひとまずなくなる。

 今後は日本の物価にも上昇圧力が加わり、原油価格や円安などの動向次第では、無理と思われた日銀の物価目標が見えてくる可能性すらありうる。それですぐに日銀が政策転換することは考えづらいが、少なくとも日本の長期金利にも上昇圧力が加わりやすくなろう。それを無理に押し止める必要があるのか、それで本当に良いのかも問われよう。

フリーの金融アナリスト。1996年に債券市場のホームページの草分けとなった「債券ディーリングルーム」を開設。幸田真音さんのベストセラー小説『日本国債』の登場人物のモデルともなった。日本国債や日銀の金融政策の動向分析などが専門。主な著書として「日本国債先物入門」パンローリング 、「債券の基本とカラクリがよーくわかる本」秀和システム、「債券と国債のしくみがわかる本」技術評論社など多数。

有料ニュースの定期購読

牛さん熊さんの本日の債券サンプル記事
月額1,100円(初月無料)
月20回程度
「牛さん熊さんの本日の債券」では毎営業日の朝と引け後に、当日の債券市場を中心とした金融市場の動きを牛さんと熊さんの会話形式にてお伝えします。昼には金融に絡んだコラムも配信します。国債を中心とした債券のこと、日銀の動きなど、市場関係者のみならず、個人投資家の方、金融に関心ある一般の方からも、さらっと読めてしっかりわかるとの評判をいただいております。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

  1. 1
    ドル・コスト平均法で毎月自動でお金持ちへ近づくには花輪陽子4/9(金) 8:00
  2. 2
    新幹線回数券、普通回数乗車券の相次ぐ廃止 利用者泣かせの残念な背景は?小林拓矢4/3(土) 6:30
  3. 3
    大手銀行はコンビニATMの手数料を改定、最高で一回あたり330円となるケースも久保田博幸4/9(金) 10:05
  4. 4
    Q. 急成長の楽天証券が、業界No.1のSBI証券に勝っている重要な指標とは?シバタナオキ4/8(木) 6:00
  5. 5
    日本円を現金で保有していると価値が目減りする時代に突入!資産防衛をするポートフォリオを作るには花輪陽子4/9(金) 12:20
  6. 6
    池江璃花子選手のショートフィルムから学ぶ、「広告」が嫌われる時代の「広告」のあるべき姿徳力基彦4/8(木) 7:00
  7. 7
    「今はバブルなのか、ITバブル崩壊事例との比較」牛さん熊さんの本日の債券(コラム)2021年4月9日久保田博幸4/9(金) 10:33
  8. 8
    4月に拡充した高校無償化【高等学校等就学支援金制度】。7月にも重要な変更があったのをご存じですか?豊田眞弓2020/10/5(月) 12:30
  9. 9
    知っているとお得!届け出をするともらえるお金花輪陽子4/7(水) 8:00
  10. 10
    5,000円分もらえるマイナポイント。子ども分の手続きは?親のポイントとして使える?豊田眞弓2020/7/25(土) 16:00