原油高などによる思わぬ物価上昇に注意

(写真:アフロ)

 16日の原油先物は上昇し、WTI先物3月限は58セント高の60.05ドルとなり、60ドルを超えてきた。

 WTI先物は昨年4月にマイナスとなるなど異常な動きをみせた。マイナスとなったのは先物特有の現象ではあったものの、コロナ禍による原油需要の後退が原油価格下落の主因であった。

 しかし、その後のWTIは回復基調となり、40ドル近辺で安定するかにみえた。ところが、ここにきてさらに上昇してきて、60ドルの大台も突破してきたのである。WTI先物のチャートをみると、次の節目は80ドルあたりとなる。すでに80ドル、100ドルまで上昇かとの米系金融機関などの予想も出ているようだが、その勢いはある。

 新型コロナウイルスの感染拡大がワクチン接種をきっかけに急速にブレーキが掛かる可能性は高い。いずれにしてもいつかパンデミックは収束する。そのタイミングがいつになるのかとなるだけである。

 すでに中国や米国の景気は回復しつつあり、それが米国株式市場の主要指数の過去最高値更新などにも現れている。経済の正常化が意識されれば、昨年4月に起きた原油先物の急落の反対のような動きが生じたとしてもおかしくはない。

 すでに投機的な動きはビットコインだけでなく、銀や銅にも入っている。原油先物もそれほど大きなマーケットではないことで、需要によって素直に動くのではなく、仕掛け的な動きが入る可能性は十分にありえる。

 石油輸出国機構(OPEC)加盟国とロシアなどの非加盟国で構成する「OPECプラス」が、原油価格の回復を受けて4月から減産幅を縮小させる公算であることが複数の関係筋の話で分かったと報じられた。

 これは当然の動きであり、これによってWTI先物も多少、調整が入る可能性はあるが、トレンドには変化はないと思われる。

 原油価格の動きは日本などでは物価に直結する。日本の消費者物価指数(除く生鮮、コアCPI)が最後に2%を超えたのは2008年9月であり、このときのコアCPIは前年同月比プラス2.3%、そしてWTIは100ドルを超えていた。

 2008年9月といえばリーマン・ショックが起きた月でもあったが、中国などの新興国経済の拡大を材料に、このときも仕掛け的な買いが原油先物に入っていたのである。その後、WTIは急落し物価も下落した。

 今回も同様の事態になる可能性もある。これでやっと日銀にとって念願の物価目標が一時的に達成するかもしれない。しかし、これによって日銀が出口に向かうかといえば慎重姿勢を示すことが予想される。一時的と考えれば当然ではあるが。

 しかし、1990年台のバブル崩壊時のように1980年台の日銀の長すぎた緩和策がバブルを引き起こしたのではとの批判も出ていた。今回はいろいろとバブルが起きつつあるように思われる。それにブレーキが掛けられる体制作りが必要なのではないか。そのための日銀の3月の点検でもあってほしいのだが。

フリーの金融アナリスト。1996年に債券市場のホームページの草分けとなった「債券ディーリングルーム」を開設。幸田真音さんのベストセラー小説『日本国債』の登場人物のモデルともなった。日本国債や日銀の金融政策の動向分析などが専門。主な著書として「日本国債先物入門」パンローリング 、「債券の基本とカラクリがよーくわかる本」秀和システム、「債券と国債のしくみがわかる本」技術評論社など多数。

有料ニュースの定期購読

牛さん熊さんの本日の債券サンプル記事
月額1,100円(初月無料)
月20回程度
「牛さん熊さんの本日の債券」では毎営業日の朝と引け後に、当日の債券市場を中心とした金融市場の動きを牛さんと熊さんの会話形式にてお伝えします。昼には金融に絡んだコラムも配信します。国債を中心とした債券のこと、日銀の動きなど、市場関係者のみならず、個人投資家の方、金融に関心ある一般の方からも、さらっと読めてしっかりわかるとの評判をいただいております。

あわせて読みたい

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

  1. 1
    木材価格急騰!ウッドショックから見える日本林業の脆弱さ田中淳夫5/11(火) 9:34
  2. 2
    物価上昇観測が強まる。欧米の期待インフレ率が上昇、金属価格の上昇やウッドショックも影響か久保田博幸5/12(水) 8:11
  3. 3
    東京株式市場は続落、日経平均は一時28000円割れ、台湾株の下落に加え、米消費者物価指数への警戒も久保田博幸5/12(水) 15:09
  4. 4
    唐揚げ市場が1000億円超えの急拡大 専門店とスーパー、強味と弱味は?池田恵里5/10(月) 8:00
  5. 5
    マネジメントしなくてすむようになる方法〜口では大事と言っても、実態は多くの企業は採用を軽視しすぎ〜曽和利光5/6(木) 6:55
  6. 6
    「善人」が会社を滅ぼし「悪人」が会社を伸ばすこともある〜本当に組織に貢献する人の見抜き方〜曽和利光5/9(日) 6:55
  7. 7
    「売れ残り」は過去のイメージ 近年増加中の「完成販売」が有利なマンションの特徴は櫻井幸雄5/12(水) 11:00
  8. 8
    「職場に嫌いな上司がいる」は7割以上、なぜ上司にはイヤな人が多いのか遠藤司5/7(金) 7:45
  9. 9
    5,000円分もらえるマイナポイント。子ども分の手続きは?親のポイントとして使える?豊田眞弓2020/7/25(土) 16:00
  10. 10
    国の借金1200兆円は誰の借金なのか、それはどのようにして返済されるのか久保田博幸2/12(金) 10:52