5月末の米国債保有、中国は減少、日本は大きく増加

(写真:ロイター/アフロ)

 米国の財務省が発表している米財務省が16日発表した5月の国際資本収支統計における米国債国別保有残高(MAJOR FOREIGN HOLDERS OF TREASURY SECURITIES)によると、5月末時点の米国債保有国のトップは引き続き中国となっていた。保有額は1兆1102億ドルとなり、前月比で28億ドル減少していた。

国、米国債保有額、前月比(単位、10億ドル)

中国(China, Mainland) 1110.2-7.5

日本(Japan) 1101.0 +37.0

英国(United Kingdom) 323.1 +22.3

ブラジル(Brazil) 305.7-1

アイルランド(Ireland) 270.7 +1

スイス(Switzerland) 231.4 +4.5

ルクセンブルク(Luxembourg) 229.6 +5.9

ケイマン諸島(Cayman Islands) 216.1-1.1

香港(Hong Kong) 204.0-1.9

ベルギー(Belgium) 190.5 +10.7

 5月には米中の通商交渉がいったん物別れに終わった。米国の強硬姿勢に対抗するため、中国が米国債の売却を行った可能性は否定できない。ただし、これを交渉の切り札にすることにはリスクがあり、FRBの利下げ期待で堅調な動きとなっている米国債市場への影響も出てくることが考えられる。中国の米国債の保有高は多少減少しようと巨額であることにかわりはなく、中国による米国債の売却で米債の価格を下落させてしまうと自分で自分の首を絞めかねないことも事実であろう。

 ちなみに中国人民銀行(中央銀行)が発表した外貨準備高は6月末時点で3兆1190億ドル、5月末は3兆1010億ドル、4月末は3兆950億ドルとなっていた。外貨準備高が増加傾向にあったことを考えると、中国は分散投資という名目で米債投資を減少させていた可能性はある。

 第二位となっている日本は4月に比べて5月は370億ドル増加していた。これは2017年8月以来の高水準となる。増加幅は2013年7月以来の大きさとなっていた。4月に日本では年度が替わり、米債に対して利益確定売りが入っていた可能性がある。しかし、その後の米国債相場が回復基調となっていたこともあり、あらためて残高を積み増していたのではなかろうか。

 英国は前月比で223億ドル増加させていたが、こちらも相場の動きなどをみての売買のように思われる。

フリーの金融アナリスト。1996年に債券市場のホームページの草分けとなった「債券ディーリングルーム」を開設。幸田真音さんのベストセラー小説『日本国債』の登場人物のモデルともなった。日本国債や日銀の金融政策の動向分析などが専門。主な著書として「日本国債先物入門」パンローリング 、「債券の基本とカラクリがよーくわかる本」秀和システム、「債券と国債のしくみがわかる本」技術評論社など多数。

有料ニュースの定期購読

牛さん熊さんの本日の債券サンプル記事
月額1,080円(初月無料)
月20回程度
「牛さん熊さんの本日の債券」では毎営業日の朝と引け後に、当日の債券市場を中心とした金融市場の動きを牛さんと熊さんの会話形式にてお伝えします。昼には金融に絡んだコラムも配信します。国債を中心とした債券のこと、日銀の動きなど、市場関係者のみならず、個人投資家の方、金融に関心ある一般の方からも、さらっと読めてしっかりわかるとの評判をいただいております。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

ニュースのその先に ドキュメンタリーで知る世界へ

Yahoo!ニュース個人編集部ピックアップ