来年度の国債発行計画では2年、5年、10年、20年の国債発行額をそれぞれ1.2兆円ずつ減額する。これに合わせて日銀は国債の買入額も需給バランスを睨んで減額する方向で検討しているとみられる。