株式市場のゴルディロックス(適温)相場に変調も

(写真:ロイター/アフロ)

 ゴルディロックスとは、英国の童話「ゴルディロックスと3匹のくま」に登場する少女ゴルディロックスが熊の家で飲んだ熱すぎず冷たすぎない、ちょうど良い温かさのスープにちなむ言葉で、適温相場とも呼ばれる。

 これまで米国を中心として、ほどよい景気のなか、株式市場もほど良い上昇を続けてきた。米国の株価指数が過去最高値を更新しても、加熱感はなく相場が大きく崩れるようなこともなかった。

 これには米景気の拡大が続いていたこと、そしてFRBが正常化を進め、利上げを行っていたものの、長期金利は物価を重視するあまり、低位で安定していたことも背景にあった。このため、長短金利スプレッドが大きく縮小していた。

 しかし、物価の先行きに対する見方に変化が生じてきた。中国からの輸入品への課税や原油価格の上昇などによる物価上昇圧力が意識されはじめたのである。物価上昇観測により、米長期金利は3%や3.1%あたりにあった壁を突破してきた。

 これによって米国株式市場はゴルディロックス相場に変調を来すことになった。米国株式市場の代表的な指標のひとつであるナスダック指数をみると、2016年11月あたりからほぼ一方的な上昇相場となっていたものが、久しぶりに大きな調整を迎えたことが窺える。

 これが一時的な調整なのか、それともここでピークアウトするのか。それはまだわからない。米国の景気に対する見方が大きく変化してきたわけでもない。ただし、株式市場が景気の先読みをすることはある。

 日経平均が1989年12月に4万円に迫ったあと、ここが過去最高値となり、ピークアウトして、その後バブル崩壊と呼ばれた大きな下げがきた。これを例えば1990年初等の段階で予想できた人はほとんどいなかったのではなかろうか。もちろん日本のバブル崩壊と、今回の米国株式市場の下落を比較すべきではないとのご意見もあるかとは思うが、ゴルディロックス相場の反動から、いずれ大きな調整が入るであろうことも確かである。

フリーの金融アナリスト。1996年に債券市場のホームページの草分けとなった「債券ディーリングルーム」を開設。幸田真音さんのベストセラー小説『日本国債』の登場人物のモデルともなった。日本国債や日銀の金融政策の動向分析などが専門。主な著書として「日本国債先物入門」パンローリング 、「債券の基本とカラクリがよーくわかる本」秀和システム、「債券と国債のしくみがわかる本」技術評論社など多数。

有料ニュースの定期購読

牛さん熊さんの本日の債券サンプル記事
月額1,080円(初月無料)
月20回程度
「牛さん熊さんの本日の債券」では毎営業日の朝と引け後に、当日の債券市場を中心とした金融市場の動きを牛さんと熊さんの会話形式にてお伝えします。昼には金融に絡んだコラムも配信します。国債を中心とした債券のこと、日銀の動きなど、市場関係者のみならず、個人投資家の方、金融に関心ある一般の方からも、さらっと読めてしっかりわかるとの評判をいただいております。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

世界を発見する、想いを伝える

Yahoo!ニュース個人編集部ピックアップ