日本でのコンクラーベ、日銀総裁人事の行方

ローマ法王ベネディクト16世は11日、枢機卿会議で高齢を理由に今月28日で法王を退位する意向を表明した。法王は事実上の終身職であり、存命中の退位は極めて異例。1415年のグレゴリウス12世以来、約600年ぶりとなるそうである。ベネディクト16世は、後任選出のためのコンクラーベの開催を要請した。

日銀の白川総裁も4月8日の任期満了を待たずに3月19日に辞任すると発表した。3月19日の副総裁の任期満了に合わせることで、空白の期間の分を調整する格好となる。日銀総裁が任期前に辞任するのは、1998年3月の松下康雄氏以来となる。

日銀の政策委員などを決める国会同意人事は、政府が国会に候補を提示し、衆参それぞれの本会議で同意を得ることが必要となる。過去には財務省などを中心に候補者がリストアップされ、政府が最終的な候補者を決定する格好となっていた。ところが前回の総裁人事では、ねじれ国会となる中、当時の野党であった民主党は、与党の自民党が提出してきた財務省出身の総裁候補を参院でことごとく否決し、戦後初めて総裁ポストが空席となるという異常事態が発生した。この際には結果として官邸主導で人事案が決められていったようである。

今回の日銀総裁と副総裁の人事も、報道等によれば官邸主導というか、安倍首相自ら候補者をピックアップしているように思われる。その人事案が今週中にも発表されるのではないかとされている。果たしてどのような人事案が発表されるのか注目される。コンクラーベでは新法王が決まると白い煙が煙突から出るそうだが、首相官邸から果たしていつ白い煙は出てくるのか。その合図が出るには、かなり難解なパズルを解く必要もありそうである。

今回の日銀総裁と副総裁の後任人事には、いくつかの条件があり、それらをクリアーしなくてはいけない。安倍首相が候補者を選ぶ際にはいくつか超えなければいけないハードルがある。大きな前提となるのが、大胆というか次元の違う金融政策を受け入れる人物であること。さらに参院で過半数の賛成票が必要になる。今回もまたこれが大きなネックとなりうる。

民主党が、公正取引委員長に杉本和行元財務次官を充てる国会同意人事案で、「事前報道ルール」を盾に政府側の提示を拒否した。これにより状況が大きく変化したように思われる。みんなの党については日銀総裁の独自の候補者を発表し、さらに今回の公正取引委員長の人事案について反対の意向も表明している。みんなの党と維新の会の間でも、溝も深まっている気配もある。

つまり参院で日銀総裁の同意を得るための数合わせはかなり難しい状況にある。前回の日銀総裁人事での教訓もあり、安倍政権は民主党の歩み寄りを期待していた可能性もあるが、ここにきて対立色を強めたことで、民主党の賛成を得られるかどうかもかなり不透明な状況にある。みんなの党と維新の会についても、それぞれから同意を得られる人事案を出せるのかは、なかなか難しい状況にあると思われる。

安倍首相、麻生財務相などから次期日銀総裁にふさわしい人の条件が出されているが、それよりも参院で通る人事案が果たして提出可能なのか、こちらの方が問題となりそうである。

今回の人事案は日銀総裁と副総裁の3人まとめて出されるとみられ、その組み合わせについても大きな関心事となる。財務省出身者の可能性はあるとともに、3人の中には学者出身、日銀出身者を含めたバランスを取るとの見方もあるが、これもわからない。1998年の人事ではマスコミ出身の藤原作弥氏が副総裁となったが、参院での同意も意識して、同様なサプライズ人事がある可能性も否定できない。現在、有力候補とされる人が選ばれるかどうかもかなり不透明かと思われるなか、とにかく総裁不在という空白の期間だけは、作らないようにしてほしい気がする。

フリーの金融アナリスト。1996年に債券市場のホームページの草分けとなった「債券ディーリングルーム」を開設。幸田真音さんのベストセラー小説『日本国債』の登場人物のモデルともなった。日本国債や日銀の金融政策の動向分析などが専門。主な著書として「日本国債先物入門」パンローリング 、「債券の基本とカラクリがよーくわかる本」秀和システム、「債券と国債のしくみがわかる本」技術評論社など多数。

有料ニュースの定期購読

牛さん熊さんの本日の債券サンプル記事
月額1,100円(初月無料)
月20回程度
「牛さん熊さんの本日の債券」では毎営業日の朝と引け後に、当日の債券市場を中心とした金融市場の動きを牛さんと熊さんの会話形式にてお伝えします。昼には金融に絡んだコラムも配信します。国債を中心とした債券のこと、日銀の動きなど、市場関係者のみならず、個人投資家の方、金融に関心ある一般の方からも、さらっと読めてしっかりわかるとの評判をいただいております。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

  1. 1
    コロナウイルス特許の陰謀論について 栗原潔1/28(火) 3:24
  2. 2
    中国での新型肺炎の感染拡大への懸念から、金融市場ではリスク回避の動きを強め、株安円高、債券高となる 久保田博幸1/28(火) 10:04
  3. 3
    金融資産を持たない世帯、夫婦世帯は2割強・単身は4割近く(2020年公開版) 不破雷蔵1/26(日) 9:04
  4. 4
    本質を見極めるには、新聞を毎日読むのが効果的 中原圭介1/28(火) 6:00
  5. 5
    基本は現金とクレジットカード…二人以上世帯の代金支払い方法の移り変わりをさぐる(2020年公開版) 不破雷蔵1/28(火) 9:03
  6. 6
    SARS緩和の読み方&『失敗の本質』再考etc=日銀『終戦リポート』への期待 窪園博俊1/27(月) 6:00
  7. 7
    「40年債入札は無難、債券先物は売られる」牛さん熊さんの本日の債券(引け後)2020年1月28日 久保田博幸1/28(火) 15:37
  8. 8
    老後の支えとなる生活費の工面方法、単身世帯と二人以上世帯それぞれの実情をさぐる(2020年公開版) 不破雷蔵1/27(月) 11:35
  9. 9
    「新型肺炎の感染拡大でリスクオフの動き強める」牛さん熊さんの本日の債券(引け後)2020年1月27日 久保田博幸1/27(月) 15:38
  10. 10
    「新型肺炎によるリスクオフの動きが加速」牛さん熊さんの本日の債券(コラム)2020年1月28日 久保田博幸1/28(火) 11:02