斎藤八段、渡辺名人への挑戦決めるか――第79期順位戦A級最終9回戦展望

挑戦者を待ち受ける渡辺明名人(筆者撮影)

 渡辺明名人(36)への挑戦権を争う第79期順位戦(朝日新聞社、毎日新聞社主催)A級は2月26日、静岡県静岡市「浮月楼」で最終9回戦が一斉に行われる。

 現在首位を走る斎藤慎太郎八段(27)は二番手の広瀬章人八段(34)に星一つの差をつけ挑戦権争いで優位に立っている。なお残留争いは8回戦終了時点で稲葉陽八段(32)と三浦弘行九段(47)のB級1組降級が決まっている。

 対戦成績と最近の調子を基に挑戦権の行方を予想してみた。

斎藤八段優位は不動か

<順位戦A級成績>(丸数字は現時点の成績順。段位のあとの数字はリーグ順位)

①斎藤慎太郎八段(10)7勝1敗

②広瀬章人八段(2)6勝2敗

③豊島将之竜王(1)5勝3敗

④佐藤康光九段(3)4勝4敗

⑤佐藤天彦九段(4)4勝4敗

⑥糸谷哲郎八段(6)4勝4敗

⑦菅井竜也八段(9)4勝4敗

⑧羽生善治九段(5)3勝5敗

⑨稲葉陽八段(8)2勝6敗=降級

⑩三浦弘行九段(7)1勝7敗=降級

<9回戦カードの直接対決成績>※成績順・カッコ内は先後

斎藤八段(先)2勝-佐藤天彦九段0勝

広瀬八段(先)9勝-豊島竜王12勝

佐藤康光九段(先)2勝-菅井八段1勝

糸谷八段(先)11勝-稲葉八段7勝

羽生九段35勝-三浦九段(先)10勝

 首位の斎藤八段は過去佐藤天彦九段に2勝0敗、しかも本局は先手番と好材料が多い。ただし直近10局の成績は斎藤八段5勝5敗、佐藤九段7勝3敗と調子に差があるのが不安材料か。

 二番手の広瀬八段は豊島竜王に負け越しており、直近10局は広瀬八段5勝5敗、豊島竜王6勝4敗と調子の面ではほぼ互角。

 斎藤八段は勝てば文句なしの挑戦、仮に敗れても広瀬八段が敗れた時点で挑戦権獲得となる。斎藤八段が敗れ広瀬八段勝ちの場合のみ挑戦者決定プレーオフが行われるので、データや状況を総合すると斎藤八段の優位は動かしがたい。

振り飛車出現の可能性大

 斎藤八段-佐藤九段戦の過去2局は相居飛車で矢倉の出だしから力戦と相掛かりだったが、最近佐藤九段が後手番で三間飛車を多用しているため今回も飛車を振る可能性は高いと見ている。

 斎藤八段の三間飛車対策は先手番の時は居飛車穴熊をベースとした持久戦志向なので、長手数のねじり合いが予想される。

 広瀬八段―豊島竜王戦は先手の広瀬八段が矢倉を志向し豊島竜王が急戦、あるいは雁木模様で変化するのが戦型予想の本命。そうでなければ後手の豊島竜王が横歩取りに誘導する可能性もあるだろう。

 持ち時間6時間の長丁場だけに挑戦権の行方が決まるのは2月26日深夜、最後までギリギリの勝負が見られることだろう。