日本が誇るオーディオの名門、あの「テクニクス」が復活!?

2014年8月17日、日本経済新聞が「高級音響機器「テクニクス」復活、パナソニック」を報道した。企業動向について報道の早い同紙だが、内容が不正確な時もある。実際の所、どうだろうか?

パナソニックは、2008年に「松下電器産業株式会社」(当時)を「パナソニック株式会社」に社名変更。同時に「National/ナショナル」ブランドも「Panasonic/パナソニック」ブランドに切り替えた。以降、「松下」や「ナショナル」を冠する企業も「パナソニック」を冠する名称に統一してきた経緯がある。一部の製品を除いて2000年に終息した「テクニクス」ブランドを復活するには大きな覚悟と決断が必要に違いない。

しかし、どうやら今回の「テクニクス」復活は間違いないようだ。

オーディオ業界は世界的に不振な時期が続いたが、ここ最近はCDよりも高音質な「ハイレゾ」(高密度音源)が人気で、欧州を中心に再び盛り上がりを見せている。

パナソニックにおいてはここ数年、欧州を中心に高品位なミニコンポで着実に市場の評価を積み重ね、昨年日本でも発売した「SC-PMX9」(筆者取材記事)は人気商品となっている。

また、「SC-PMX9」の好評を受けて、高音質パーツキットを付属させた限定バージョンの「SC-PMX9LTD」も発売するなど、「テクニクス」復活を臭わせる動きがあった。

復活の兆しを見せるオーディオ市場を見据え、着実に布石を打ってきたのだ。

日本経済新聞によると、

下期にアンプやスピーカーなどで構成する高級システムとコンポの2商品を発売する。価格は高級システムが400万~500万円、コンポは約40万円の見込み。最先端デジタル技術を使い、原音を忠実に再現するなど普及製品と一線を画す。

出典:日本経済新聞

、とある。

400万~500万円と言えば、現在のハイエンドオーディオ市場においても、頂点に近いレベルである。

かつての名門「テクニクス」が、どのような製品を送り出し、ユーザーを楽しませてくれるのか期待せずにはいられない。

こうしたダイナミックな動きは、手詰まり感のある、日本の電子産業の全体の刺激にもなりそうだ。