ポスト長谷部の行方。ハリルJには”末席”MF加藤が抜擢されるも、ボランチの真理とは?

ロシアW杯アジア最終予選で味方を叱咤する代表MF長谷部誠。(写真:YUTAKA/アフロスポーツ)

 今年3月の代表戦では、長谷部誠(フランクフルト)の故障離脱によって戦術的安定感を欠くことになった。UAE戦では、山口蛍(セレッソ大阪)をアンカーに用い、今野泰幸(ガンバ大阪)、香川真司(ドルトムント)がインサイドハーフに入る布陣も、何度となく破綻しかけていた(相手の攻撃強度や精度が低く、無事を得たに過ぎない)。タイ戦は(今野の故障で)代表では本来サイドバックの酒井高徳(ハンブルガー)が急遽、抜擢されたが、中盤の混乱は目を覆うほどだった。

 6月の代表戦に向け、ハリルホジッチは「奪う人」という表現で、ブルガリア1部リーグでプレーする加藤恒平(ベロエ・スタラ・ザゴラ)という27歳のMFを新たに抜擢。さらには「デュエルの勝率が最も目覚ましい」という理由で、浦和レッズではディフェンダーを務める遠藤航を招集している。それぞれ、代表ボランチとしては未知の部分が多い。

「ボランチ」

 そう呼ばれるポジションについて再考が必要かもしれない。

ボランチというポジションへの誤解

 舵取り、ハンドル。

 ボランチはポルトガル語で舵取り、ハンドルを意味する。

しかし、ボランチがなんたるか、は日本サッカーで定着していない。あるいは、誤解されている部分がある。

「ボランチとはなにか。それは日本ではまだ根付いてないかもしれません」

 そう証言しているのは、柏レイソルで数々のタイトルを手にしているボランチ、大谷秀和である。

「日本でのボランチは、ピルロ(元イタリア代表で、ACミラン、ユベントスで活躍)のイメージに近いかも知れません。トップ下の選手が一つ下がってゲームメイクするみたいな。実際、そういう選手が多いです。ピルロのような形は、セードルフやガットゥーゾのような選手が脇にいたら成立するのかも知れません。その点、ボランチは組み合わせの部分もありますが」

 Jリーグを代表する日本人ボランチとしては、遠藤保仁、中村憲剛、小笠原満男、柏木陽介らになるのだろうか。彼らはいずれも、元はトップ下の選手だった。周りが見え、ボールスキルが高く、創造性にも長けている。彼らとコンビを組む選手は、「潰し屋」と言われるタイプになる場合が多い。まさに組み合わせによって、舵取りが成立しているとも言える。

 無論、トップ下からボランチに一つ下がることが悪いことではないが、この組み合わせを重視することで、ボランチの大切な部分が抜け落ちたのかも知れない。

「ボランチがポジションを留守にするなら、相手を殺す覚悟でいけ」

 Jリーグで多くの栄光を勝ち取ってきたブラジル人監督のネルシーニョはそう言って、ボランチを"教育する"という。

「ボールを目の前の視野に入れたポジションをとって、留守を相手に襲わせるな。必ず仕留める、という決意がなければ、居場所を出て行くな。バックラインの前のスペースを相手に使われた場合、失点の危険に直結する」

 ネルシーニョは、動きすぎることを禁じている。ボランチが中央のポジションを離れるのは危険なことだという。もちろん、目の前のボランチを潰せないと、相手に自由を与えることになる。守備のプレー強度も問われるわけだが、そこに囚われてはいけない。

 スペースの取り合い。

 つまるところ、そこで勝負するのが、ボランチの眼目と言えるだろう。スペースを奪った上で、チームを優位に動かす。全体の舵を取る、ことが目的であって、「インターセプトがうまい」「デュエルが激しい」「ロングパスに長じる」というのは手段の一つでしかない。

 ダブルボランチは舵取りを2人で担当する形と言える。違うタイプで補完し合うのは理想だが、まずはスペースを埋め、チームを回す。その視点を持っていないと成立しない。

ポスト長谷部の正解は?

 では、ハリルJAPANはどのような中盤が「正解」なのか?

 長谷部のプレーは、ボランチとして一つの答えを出している。

 長谷部はトップ下からボランチになった選手だが、戦術的応力が卓抜。「チームを動かす」というボランチの心得を手にしている。常に味方をカバーするポジショニングで、味方を潤滑に動かせる。とくにリアクション(守備)の部分で、戦術的な柱になっている。昨年10月のオーストラリア戦など、相手の持ち味をしたたかに消しつつ、カウンターを迅速に発動。コンビを組む山口の好戦的な攻守をうまくフォローしている。

 一方、山口、今野、柏木陽介(浦和レッズ)、井手口陽介(ガンバ大阪)ら他の代表ボランチは、長谷部のような選手と組んでこそ、その特性が生きるタイプだろう。守備強度が高い、あるいは技量は優れていても、彼らだけでは、チームを回し、動かす、という部分で足りない。その結果、3月の代表戦のような不具合が起きるのだ。

 また、チームのプレーモデルも大きく影響する。

「ボールを握る」

 能動的なフットボールを組織として志しているなら、出色のスキルを持つ大島僚太(川崎フロンターレ)は外せないが現状、ハリルホジッチはそういうスタイルを目指していない。攻撃を受けることが前提にあって、守ってカウンターが基本。大島のポジションがないのだ。

 結論的には、長谷部がいない場合、似たキャラクターを持つ選手を配置する必要がある。Jリーグでは大谷が筆頭か。他に阿部勇樹(浦和レッズ)、高橋秀人(ヴィッセル神戸)、橋本拳人(FC東京)が近いか。ただ、年齢や代表での経験など一長一短はある。

 一つだけたしかなことは、ボランチはボランチとしてやるべき仕事があり、適性があるということだ。チームを攻守で回す。それは常に組織を見据える必要があるが、局面でのディテールも含まれている。

「ボランチは相手ボールを突っつけるか、というのも一つの基準かも知れません」

 大谷はボランチの細部を語る。

「プロになると、相手ボールすべてを奪いきるのを狙うのは難しい。でも、突っつけるかどうか、というのは大事で。突っつけたら、味方と連係して奪い返せますからね。今まで対戦した中で、届かない、と感じたのはサントス時代のガンソでした(2011年クラブW杯準決勝)。置き所が良くて、懐が深いので、まるで触れませんでした。ネイマールは仕掛け、晒すので、まだタイミングはあったんですが、ガンソは収めてしまうので」

 ボランチというポジションは奥が深い。

「ボランチのキャラクターで、そのチームのプレースタイルが分かる」

 ヨーロッパではそう言われる。