小宮良之

スポーツライター、小説家
1972年、横浜生まれ。大学卒業後にスペインのバルセロナに渡り、スポーツライターに。語学力を駆使してトリノ冬季五輪、ドイツW杯などを現地取材後、06年から日本に拠点を移す。アスリートと心を通わすインタビューに定評がある。著書は20冊以上で、『導かれし者』(角川文庫)『アンチ・ドロップアウト』シリーズ三部作(集英社)『ラ・リーガ劇場』(東邦出版)など。今年3月、小説『ラストシュート 絆を忘れない』(角川文庫)を上梓。他にTBS『情熱大陸』テレビ東京『フットブレイン』TOKYO FM『Athelete Beat』『クロノス』NHK『スポーツ大陸』『サンデースポーツ』などで特集企画、出演。

記事一覧

前へ

次へ

1~25/234件