風評被害と情報発信、情緒と科学の間に

風評被害や福島からの情報発信についての自分なりの考えを個人のブログに掲載したところ意外にも反響があったので、こちらにも少し加筆修正した上で掲載しておこうと思います。風評被害や情報発信について考えるきっかけになればと。

ここ最近、2冊の本を読みました。ダニエル・カーネマンの『ファスト&スロー』と、中谷内一也の『リスクのモノサシ』です。福島の風評被害について多少なりともカジってる人はもう既に読んだことがあるかもしれません。この2冊、行動心理学や認知心理学の観点から、人間がどのように情報を認識するのかを丁寧に解説していて、直接福島の原発事故後の風評被害を取りあげた本ではないものの、人間の認識のメカニズムや、風評被害が起こる構造を理解するのにとても役に立ちました。

私は、2012年からは市内のかまぼこメーカーの営業として3年働き、2013年からは市民による福島第一原発沖の海洋調査チームを共同運営しています。そこで得てきた商売人としての現場感や実戦経験と、本を読んで新たに得た学びとを照らし合わせつつ、自分なりに考えたことを備忘録的に書き留めておきます。

―人間は情緒的だ、という前提から考える

当たり前のことですが、人間は非科学的で情緒的なものです。クラスのガキ大将が水泳の授業中プールにおしっこをしたとして、それがいくら希釈されようと、水質検査してどれだけ法的に安心だと言われようと、おしっこの現場を見てしまったからには泳ぎたいとは思わないし、ましてやその水を飲みたいとは思わないはずです。極端な例ですが、科学的な正しさだけで人は動かないということです。

私たちが原発事故に対して情緒的に反応してしまうのは、文化的レベルで忌避感が染み付いているからということもあるでしょう。東海村での臨界事故やチェルノブイリ原発の事故などを通じ、放射能に対する「ケガレ」にも似た恐怖イメージがついてしまっている人が少なくありません。また、電力会社や関係する自治体が放射能に対するリスクや知識を学ぶ機会を作って来なかったことも大きな原因だと思います。

今まで散々原発を安全だと言い続けてきた側が、事故が起きて不安に陥る人を「もっと勉強しろバカ!」とか批判する権利はないと思います。何の前触れもなく安全神話が崩壊し、大量のマスコミ報道や危険に偏ったブログなどに触れ、突如としてその不安に向き合わざるを得なくなった人の心の混乱を理解はできます。私も最初は混乱しました。

カーネマンは、人間の意思決定について、動的に働き、努力がほとんど必要ないほど直感的な思考である「システム1」と、熟考や努力、秩序を要する論理的な思考である「システム2」を定義していますが、文化的に染み付いた思考というのは、まさにシステム1の司るところです。うまそうな魚料理を見たら思わず財布の中を確認してしまうように、放射能と聞いて頭では理解したつもりでもやはり不安を感じてしまうのも人間というものなのでしょう。

そのうえでカーネマンは、不安がいかに不合理なものであっても、それらを勘案したうえでリスク政策を設計すべしと説いています。

放射線技師や物理学者のように、誰もが正しく放射能を捉えられるわけではありません。私たち福島県民は必要に迫られて放射性物質について詳しく調べたかもしれませんが、同等の知識を別の誰かに求めるのは酷というもの。「5年経ってもまだわからんのか」という気持ちは私にもありますが、実際には「正しい情報」というものは絶望的なまでに伝わっていません。やはり、この問題が情緒的問題であることを受け止めた上で、情報発信のあり方を見直す必要があると感じています。

―正しい情報だけじゃ足りない問題

多くの識者が指摘するように、正しい情報を発信するというのは大前提です。ただ、これだけだと硬直化するので、「正しい情報の発信」はマジメな情報発信が得意な自治体に頑張ってもらうことにしましょう。

自治体が「おいしい」や「楽しい」を連発すると官製PRになり、かえって胡散臭くなります。自治体は、コツコツと粘り強く測った数値を公表し、できることなら在京メディアなどでも取り上げてもらえるような働きかけや、生産者が首都圏などで商品をPRする「場」を提供することに注力して欲しいと思います。

もちろん、正しい情報だけでは人は動きません。人の心が動くのは「おいしい」や「面白い」や「楽しい」と相場が決まっています。これをやるのは生産者やメーカーのほうです。これは福島の地酒が参考になると思います。

福島の酒が売れるのは科学的に安全性が証明されているからではないし、福島の酒を買うお客は「線量大丈夫ですか?」なんてことを聞きません。杜氏のものづくりへのこだわりや、安心・安全に対する姿勢、おいしさや「金賞受賞数日本一」という肩書きを「システム1」で理解しているわけです。もちろん聞かれた場合に備えて安全性を示すデータを出せるようにしておくのは大前提ですが。

廃業寸前だった会津の廣木酒造が、少量限定の無濾過原酒「飛露喜」で奇跡の復活を果たし、モダンの潮流にも乗る形でブランド化され、その「飛露喜」に引っ張られるように他の蔵元から「寫楽」や「奈良萬」などモダンな酒が誕生し、いつの間にか銘醸地としての地位を築いた会津のように、農産物や海産物についても「飛露喜」的な存在をつくる生産者が求められるでしょう。

ポスト飛露喜一番手、会津若松市宮泉銘醸の「寫楽」
ポスト飛露喜一番手、会津若松市宮泉銘醸の「寫楽」
筆者おすすめは浪江町から山形県長井市に移り酒造りを続ける鈴木酒造の「磐城壽」
筆者おすすめは浪江町から山形県長井市に移り酒造りを続ける鈴木酒造の「磐城壽」

結局、うまいもんを作ったら、風評被害なんて関係がなくなるし、会社だけでなく地域にも目を向けてもらえるようになります。かまぼこメーカーに勤めていた頃にも痛感したことですが、生産者にできることは、結局「うまいものをつくる」ことに尽きます。首都圏の胃袋を満たすコモディティ商品を作りつつ、味や品質で勝負する商品「も」作っていくことがより一層求められていくのではないでしょうか。

―科学と情緒の間に

自治体と生産者のほかにもう1つ意識して欲しいのが研究機関や専門機関の役割。いわき市の水族館「アクアマリンふくしま」で「調べラボ」というイベントが開かれています。福島第一原発で採取した魚の線量を測り、試験操業の魚を食うというイベントなのですが、面白いのは、ほとんどの客は線量測定なんかに興味がないということです。うまそうな匂いをたてている紅葉汁やタコ飯が食べたいんですね。

お客さんはそこで無意識に、知らず知らずのうちに、おいしい福島県産の魚を食べます。その「食べた」という経験が重要で、食べた後に、そこで「測ってみたらこうでした」というデータに触れて帰る。「福島の魚おいしかったし、なんか現場で測ってたみたいだし専門家も安全だって言ってたよ」。そういう伝わり方もあっていいわけです。

ほとんどの消費者は、科学的なデータを科学者のように判断して買っているわけではありません。ぼんやり大丈夫だと思っているからで買っているのではないでしょうか。そしてまた、不安だと思っている人の大半も、実は「ぼんやり」と不安だったりするわけです。

「ぼんやり不安」は情緒的な問題なのだから、情緒的な体験がきっかけになって「ぼんやりと安心」に変わり得ます。それには、おいしさであったり、生産者の姿勢に触れることであったり、要するに「システム1」にポジティブに働きかける機会を増やす必要があります。

調べラボの手法が面白いのは、科学的なアプローチである「サイエンスコミュニケーション」と、情緒的なアプローチである「うまいもんの試食」を、同じ機関が同時に開催している点です。研究機関や専門家は「専門知識」を開陳しがちですが、専門家が市民の中に入っていく距離感や、情緒的アプローチと科学的アプローチを組み合わせていく場づくりなど、調べラボには情報発信のヒントがたくさん転がっています。

アクアマリンふくしまの「調べラボ」では専門家が来場者の目の前で線量を測定する
アクアマリンふくしまの「調べラボ」では専門家が来場者の目の前で線量を測定する
魚の年齢のわかる「耳石」の鑑定なども「調べラボ」では行っている
魚の年齢のわかる「耳石」の鑑定なども「調べラボ」では行っている
魚の試食は毎回行列ができるほどの人気。おいしいが一番
魚の試食は毎回行列ができるほどの人気。おいしいが一番

―持つべきものは「商売人根性」?

もう1つ懸念されるのが、SNSなどからの情報発信です。事故から5年も経っているのに、未だに福島に対する差別的言説を繰り返す人たちが少なくありません。また一方で、先鋭化した一部の過激派に引きずられるように「反デマ」も尖鋭化していて、放射能の扱いが「政争化」することで、その議論は激しくなっています。その面倒臭さ故に、議論から離れてしまう人も少なくないはずです。

悪質なデマを見つけたら、「そうではない」という事実を発信することは当然の行為です。「福島の魚なんて放射性廃棄物と一緒」などという発言を見たら、私も海洋調査のデータを示すことにしています。しかし、その発信が安易な「左翼叩き」や「個人攻撃」になってしまうと、福島に対する反感として増幅されてしまうかもしれないし、より悪質なデマのほうへ足を向けさせてしまうことになりかねません。

会ったこともない人から「なんで貴様はこんなことも知らないんだ」と言われたら、いくらそこに科学的な事実があったとしても、言われた人は「おれのことをバカにしやがって」と思ってしまうでしょう。そしてそのタイミングで、不安につけこむ悪い輩が「あなたの不安よくわかります。やっぱり福島に人は住めないんです」なんてことを吹き込んだら、コロっといってしまうかもしれません。

議論が極度に二極化すると、中間層はすっぽり抜け落ちてしまいます。なんとなく気になっていた人、あるいは良心的に福島に関わり続けたいと思っている人を、場合によっては遠ざけてしまうことにもなります。しかし一方でデマは残り続ける。それこそ風化であり、風評の固定ではないでしょうか。それはやはり避けなければならない。

ぼくがかまぼこメーカーに勤めていたときに意識していたのは、デマを批判するときには「そのやり取りを誰かが見ているかもしれないという感覚を持つこと」でした。いかに自分が正しい知識を有していたとしても、店先やツイッターで「勉強不足なヤツは帰れ!」と言ってしまったら、溜飲は下がりますが、そのやり取りを見てメシがまずくなる人もいるだろうということです。

面倒な客にはできるだけ静かに去って頂くのが得策。そして、そのような客に対して紳士的な対応をすれば、それを見ていたお客からの信頼を高めるチャンスになります。科学者や専門家が断固たる姿勢を見せるのは当然のことですが、私は科学者でも専門家でもないので、情緒的な不安に対しても、にこやかに「神対応」できる人間でありたいと考えています。

デマに怒り、悔しく思うからこそ、理性を保つために損をして得をとる。「福島のかまぼこなんて食べられるはずがない」「毒を撒き散らすな」なんてことを言われた福島のかまぼこ屋だっただからこそ、このマーケティング感覚は忘れたくないと個人的には思っています。もちろん、みんながそうしろとは言いませんが。

科学的な正しさを認めない者は認めないという確固たる路線は当然あるべきですが、それ1本だけになると排除の論理が働いてしまいます。不安や感情を前提にしたある種のソフト路線も複数ある状態で臨んでいくほうが、結果的に不安が取り除かれ正しい情報が伝わっていくのではないでしょうか。みんながみんな科学者の流儀を真似る必要もありません。

原発事故は多くの分断を生み出しましたが、生まれた分断を、さらなる分断と排除によって解決しようとしたら真の復興にはなり得ません。科学的な知見に基づく事実ベースに立ちつつ、多様なコミュニケーションを担保すること。このあたりがポイントになるのかなと思っています。