「在宅」でパソコン人気復活 、利用・販売ともに大幅増

(写真:アフロ)

 新型コロナウイルスの感染拡大で人々が自宅待機を余儀なくされた今年3~4月、需要が低迷したサービスは民泊のエアビーアンドビー(Airbnb)や配車サービスのウーバー、米グーグルの地図サービスなどだった。

 一方、急増したのは、米アマゾン・ドット・コムなどのネット通販や米ネットフリックスなどの動画配信サービス、米ズーム・ビデオ・コミュニケーションズなどのビデオ会議サービスなどだ。

「Windows 10」の利用時間75%増

 これらに加え、急速に伸びたのがパソコンだった。米CNBCは、米アップルの「iPhone」や米グーグルの「Android」搭載モバイル機器の普及によって人気を失ったパソコンは人々が移動しなくなった4月、利用者が増え、販売も好調だったと報じている。

 米マイクロソフトのパノス・パネイ最高製品責任者(CPO)はブログ記事で「Windows 10」の1カ月間の延べ利用時間は4兆分(666億時間)を超え、1年前から75%増加したと述べた。

 米調査会社のネットアプリケーションズによると、Windowsの4月の市場シェアは約87%。マイクロソフトは3月、Windows 10搭載機器の世界利用台数が10億台に達したと述べていた。

Macの利用台数が過去最高に

 Windowsに次いでシェアが高いパソコン用OSはアップルの「macOS」。その4月のシェアは約10%だった。同社のルカ・マエストリ最高財務責任者(CFO)は、1~3月期の決算発表の電話会見で、パソコン「Mac」の利用台数が過去最高を更新したと述べていた。4~6月期は、売上高の伸びが加速すると同氏はみている。

4月半ばのパソコン販売50%増

 米調査会社のNPDグループのレポートによると、米国では3月にパソコンと周辺機器の販売が急激に伸びた。

 新型コロナウイルスの感染拡大で自宅待機する人が増え、在宅勤務や自宅学習に必要なパソコンとその関連製品の需要が高まったという。

 3月1~2週におけるパソコン用モニターの販売は、1年前の同じ時期からほぼ2倍の8万台。ノートパソコンの販売は1年前の同じ時期から10%増え、マウスとキーボードもそれぞれ10%増加した。

 NPDグループはその後、パソコンの販売台数が4月半ばの1週間で53%増加し、それ以外の週でも少なくとも30%増加したと報告している。Windows搭載機は3月最終週と4月第4週までの各週で36~45%増加した。グーグルの「Chromebook」は同期間のすべての週で2倍以上になったという。

マイクロソフト、「WindowsとSurfaceの需要高まる」

 マイクロソフトは年1~3月期の決算発表で、新型コロナウイルス感染拡大によるマイナスの影響が最小限にとどまったと報告した。

 Windowsの販売は前年同期比横ばい、タブレットパソコン「Surface」の販売は同1%増にとどまった。ただし、これは中国のサプライチェーン(供給網)の混乱が主な要因。

 在宅勤務や遠隔学習の広がりでWindowsとSurfaceの需要が高まっている。また、クラウドサービスも好調。これらにより、売上高は前年同期比15%増の350億2100万ドル(約3兆7600億円)、純利益は同22%増の107億5200万ドル(約1兆1500億円)となり、2桁の増収増益を達成した。