パソコン、やっとプラス成長 実に6年ぶり、ただし回復とは言えない状況

パソコン出荷台数推移(図出典:ドイツ・スタティスタ社)

 米国の市場調査会社ガートナーによると、今年(2018年)4~6月期におけるパソコンの世界出荷台数は6210万台となり、1年前の同じ時期の出荷台数を上回った。

伸び率、わずか1%程度

 パソコンの年間出荷台数は、2011年まで右肩上がりで推移していたが、同年をピークに減少に転じ、昨年で6年連続前年割れとなった。

 また四半期ベースで見ると、2012年1~3月期にいったんプラス成長したものの、それ以降はいずれも前年割れ。パソコン市場はここに来て、6年ぶりにプラスに転じた。

 ガートナーは、その要因として、アジア太平洋地域や、EMEA(欧州、中東、アフリカ)といった世界のすべての地域で、1年前に比べて出荷台数が伸びたことを挙げている。

 ただし、状況を詳しく見ると、安閑としてはいられないとガートナーは指摘する。四半期出荷台数が前年実績を上回ったと言っても、伸び率はわずか1.4%。市場が完全に回復したとは言えないという。

消費者向けは依然低迷

 ガートナーの北川美佳子主席アナリストによると、この4~6月期は、法人向けパソコンへの需要が増加したが、消費者向けが引き続き落ち込んだ。

 消費者は日々の生活で、ソーシャルメディアを見たり、予定を確認したり、銀行のネットサービスを利用したり、ネットショッピングをしたりしているが、これらをすべてスマートフォンで行っており、パソコン利用の頻度が減っている。

 こうした根本的な需要構造は以前と何ら変わっておらず、これがパソコン市場全体に大きな影響を及ぼしているという。

 また、頼みの綱である法人需要は、Windows 10搭載機への買い替えピークが終わる2年後には勢いが弱まると見ている。

2020年まで横ばいで推移する見通し

 前述したとおり、パソコンの年間出荷台数は、2011年まで右肩上がりで伸び、この年をピークに減少に転じ、昨年で6年連続前年割れとなった。

 昨年の出荷台数は2億6200万台だったが、これはピーク時の7割程度。また2006年以降で最も低い水準だ。 

 米アップルが「iPhone」の初代機を市場投入したのは2007年だった。iPhoneはその後、販売台数を伸ばし、年間2億1700万台を販売するまでになった(2016年10月~2017年9月)。

 また、iPhoneを含むスマートフォンの年間販売台数は15億台となり、パソコンのほぼ6倍。

 ガートナーは別のレポートで、今後もこうした状況は変わらないと指摘している。

 これによると、パソコンの年間出荷台数は2020年まで、ほぼ横ばいで推移する見通しだ(図1)。

画像

 一方で、スマートフォンを含む携帯電話は、昨年の世界出荷台数が18億4100万台だった。これが2020年には、19億100万台に達するとガートナーは予測している。

(このコラムは「JBpress」2018年7月18日号に掲載した記事をもとに、その後の最新情報を加えて編集したものです)