蜂が作物を実らせる ミツバチ激減は農業の危機

ミツバチの激減が問題になっています。

アメリカの養蜂家によると、2006年以来、年間に30ないし35%減少しているといいます。

ミツバチが少なくなると蜂蜜が値上がりするという単純なことではなく、農作物の生産が大打撃を受ける可能性があるのです。

国連の食糧農業機関(FAO)によると、100種類の作物のうち71種類、それは食料全体の90%にあたるのですが、ミツバチが花粉を運んで実らせています。それが失われる危機というわけです。

いったいミツバチ激減の原因はいったい何なのか。

安全性が高いということで世界的に普及しているネオニコチノイド系農薬が疑われています。

欧州連合(EU)は今年の春、予防原則を適用して「ネオニコチノイド系農薬の2年間使用禁止」を決めました。

しかし、ネオニコチノイド系農薬が原因という確かな証拠はありません。

他にもさまざまな要員がありその相互作用の結果ではないかとみられます。だからこそ「予防原則」というわけです。

「予防原則」の適用は、明確な証拠はないがとりあえず禁止して、不確実なところを明らかにして再検討するということで、単に先送りして放置するということではありません。

それはともかく、ハウスの中で蜂に花粉の運搬を託している様子を、福島県の鮫川村の農家Kさんのところで見学してきました。

Kさんは農薬を使用しない有機農業で見事な色合いと見事な味わいの高付加価値のトマトを生産していました。

農薬を使っていないことがハチを使うときの最低条件です。

Kさんは、モモタロウ系のナツミという中玉の品種を栽培しているハウスで、ミツバチのピンチヒッターとして在来種のクロマルハナバチを使っていました。

ハウスにはハチが逃げないように、換気部や人の出入り口には網が張ってあります。中に入ると、取り入れ近いトマトがたわわに実っていました。

ということは、クロマルハナバチに授粉させることに成功したことを意味しますが、いまは、花は少数残っているもののハチが授粉してまわる最盛期は過ぎていることになります。

それでも、最盛期を推測できる気配はありました。

30cm四方厚さ10cmほどのダンボールの箱の中に、クロマルハナバチの巣が入っています。トマトの花が咲くころを見計らって業者から購入しました。

そのとき、中に女王蜂が1匹、雄蜂、それに授粉の主役である働き蜂が150-400匹入っていました。

クロマルハナバチはかなり大きくて丸みのある蜂です。黒い1円玉くらい感じです。

性質はおとなしく、もちろん刺されれば痛いことに変わりはありませんが、人を襲いません。

巣の入ったダンボールの、「出入口」をカットして「巣門」を開いてやると働き蜂が出てきます。

クロマルハナバチはハウスに来て1~5日に偵察行動をした後に花に行くようになります。それを「訪花活動」というそうです。

花にとまって雄しべを噛んで花粉を集めるのですが、その時にからだに付着した花粉が雌しべにつき、「授粉」ができるのです。

トマトにしてみれば、花粉を少々分けてやる代わりに子孫(実の中のタネ)を残せるわけです。

人間は実をいわば横取りして食用にします。

蜂は巣の中で女王蜂と雄蜂が交尾して生まれる幼虫の、栄養価の高い餌にするために花粉を集めるのですが、その時ついでに「授粉」するのです。

トマトの花はいっせいに咲くわけではありません。クロマルハナバチは45日から60日「訪花活動」をするそうです。Kさんはその間、「授粉」が成功しているかどうかをチェックします。

ハウス内が30℃を越えていないか、日照量はどうか、トマトの樹勢はどうか、雄しべに「バイトマーク」という噛み跡があるか、働き蜂の栄養源である糖蜜(写真のダンボールの下半分、白いところに入っている。働き蜂の栄養源)は十分か、糖蜜が不足していたら等量の砂糖と水を脱脂綿に吸わせて空き缶に入れ、ハウスの数か所に配置するなど、気配りが必要です。

最近はUVカットのハウスもありますが、紫外線が不足するとハチの目には花がよく見えなくなってしまいます。蜂の身になって居心地を良くする配慮も必要です。

Kさんの話を聞くと感心の連続です。農業とは一朝一夕でできることではない、経験の蓄積と高度な技術が欠かせないことがよくわかります。

クロマルハナバチに授粉を託すことを決めたのは、Kさん夫妻の決断でした。

農薬を使わない生産をしたいのが第一です。ハウスの中でもいだトマトはそのまま口に入れることができます。トマトの旨み,優しい、しかしいかにもトマトらしい味わいが口いっぱいに広がります。

これからの農業は、量より質が重要です。特に中山間地の小規模農業では、高品質の生産物生産が、最適の選択肢になるでしょう。そのための蜂なのです。

さらに、蜂を使わない場合、花を植物ホルモンのオーキシンに浸す方法、「耳かき」でして雌しべに花粉をつけてやる方法があるものの、いずれもかなりの重労働です。若いとは言えない夫妻だけで実行するのは不可能ということから、クロマルハナバチの導入を決めたということでした。

ところで、授粉のためにしっかり働いてくれた蜂の運命にも触れておきます。

クロマルハナバチは在来種ですが、他にもセイヨウオオマルハナバチのような外来種も使われています。

外来種はもとより在来種も、授粉が終わった後に自然界に解放すると、周辺生態系に大きな影響が出る可能性があります。実際に逃げ出した蜂が野生化しているところもあるようです。

そこで、人間の身勝手に胸が痛むところはありますが、無用になったらダンボール入りの巣をビニール袋に入れて日なたに曝し高温殺する、あるいは殺虫剤で始末することになっています。

現在世界中でミツバチが激減しているのですが、激減しているのはもっとも扱いやすいミツバチだけではありません。

最初に述べたように蜂の激減は農業生産激減につながりかねない危機なのです。

もしネオニコチノイド系農薬が原因の一つという可能性があるなら、そして量より質の高品質農業を実現しようとするなら、EUが決めた「予防原則による2年間の使用禁止」は極めて妥当な措置です。

アメリカでは、蜂に止まらず人間のこどもに行動異常が起きるというコホート研究が発表されました。

日本が海外の様子見で時間を空費していいわけがありません。