北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は8日、金正恩総書記の「愛民(国民愛)」エピソードを公開した。この日は、金正恩氏の38歳の誕生日である。

 エピソードの舞台となったのは、2013年、金正恩氏の号令の下に建設された平壌の総合ウォーターパーク「紋繍(ムンス)遊泳場」だ。

 2012年から本格始動した金正恩政権は当時、美林(ミリム)乗馬クラブや馬息嶺(マシンリョン)スキー場など、国民の余暇生活充実や観光収入の増大を目的に、これらレジャー施設の建設に力を入れていた。

 同紙によると、紋繍遊泳場に設置された大型の壁掛け時計は、金正恩氏が「人々が時間を忘れて遊ぶようになるだろう」として、自ら直接持ち込んだものだという。しかも金正恩氏は、建設工事が完了する直前の同年9月のある日の深夜、ひとりで現場に現われたとしている。

 事実なら、金正恩氏は自ら愛車を運転し、現場を訪問したということだが、これは大いにあり得る状況だ。何故なら金正恩氏は、大のクルマ好き、運転好きとして知られており、北朝鮮において「最強の走り屋」とも「最凶の走り屋」とも言える存在だからだ。ただ、これは何も、運転が上手だからという意味ではない。

(参考記事:金正恩氏の「高級ベンツ」を追い越した北朝鮮軍人の悲惨な末路

 公道で金正恩氏が運転する愛車と知らず、彼の高級ベンツを抜き去った軍の高官が、悲惨な運命を辿ったエピソードがあるからだ。

 また、朝鮮中央テレビは2020年8月7日、金正恩氏が、水害に見舞われた黄海北道(ファンヘプクト)銀波(ウンパ)郡の大青(テチョン)里を視察したニュースを放送。その中で、金正恩氏が泥で汚れたレクサス「LX570」と見られる黒のSUVの運転席に座っている写真を公開した。北朝鮮メディアが、金正恩氏が車両のハンドルを握った写真を公開したのは、このときが初めてだ。

 当時、韓国の聯合ニュースはこの写真について、「平壌から約150キロ程度離れた現場まで(金正恩氏が)自ら運転したのではないにしても、現場では自らハンドルを握った可能性がある」と伝えていた。

 しかし筆者は、金正恩氏はかなりの距離を、自ら運転したと見ている。

 ちなみに、同氏がひとりで紋繍遊泳場の建設現場を訪問したエピソードを北朝鮮メディアが紹介するのは、これが初めてではない。同国メディアは昨年から、金正恩氏が国民生活を思い、深夜まで働いているとする情報を相次いで流している。

 経済難が深刻化する中、絶対的な独裁者といえども、国民の視線が気になると見える。