北朝鮮で古紙の山から「顔」が見つかる大事件…当局が徹底捜査

1970年代から使われていた北朝鮮の100ウォン紙幣、2002年に発行された1000ウォン紙幣と5000ウォン紙幣は、いずれも北朝鮮国民の間で不評だった。紙幣の表面に金日成主席の顔が描かれていたからだ。

日本のかつての御真影のように、金日成主席、金正日総書記の肖像画が命より大切とされる北朝鮮では、いくら紙幣と言えども下手に折ってしまうと、肖像画を粗末に扱ったとの理由で政治犯にされかねない。

北朝鮮において、最高指導者の権威を傷つけることは最も重大な罪だ。

(参考記事:金正恩命令をほったらかし「愛の行為」にふけった北朝鮮カップルの運命

2009年に断行された貨幣改革(デノミネーション)に合わせて発行された新紙幣には、5000ウォン紙幣だけに金日成氏の顔が描かれたが、2013年発行分からは彼の生家の絵に切り替えられている。

使い勝手の悪さにおいては、朝鮮労働党機関紙・労働新聞も同じだ。「ご尊顔」が掲載されているため、その部分は古新聞として使うことは許されず、切り抜いて取っておいて、別途回収してもらう。

そんな「ご尊顔」が、製紙工場の古紙の山の中から発見され、大騒ぎになっていると、咸鏡北道(ハムギョンブクト)のデイリーNK内部情報筋が伝えている。

清津(チョンジン)市郊外の新岩(シナム)区域の製紙工場に先月21日、大量の古紙が運び込まれた。その中から次から次へと「革命伝統印刷物」が発見される「事件」が起きた。

発見されたのは金日成全集、金日成氏の回顧録「世紀とともに」、彼の美談が綴られた回想実記集「人民の中で」などだ。

これらの革命伝統印刷物は、清津市内の学校、工場、機関で行われた古紙集めキャンペーンで回収されたものの中に混じっていた。中には、図書館の蔵書印が押された貴重なものまで含まれていたこともあって、さらなる大問題へと発展してしまった。

咸鏡北道安全局(県警本部に相当)、保衛局(秘密警察)は、通報直後に捜査要員を現場に派遣し、貴重な本が図書館から流出した経緯を探るため、個人に対する集中検閲(監査)を行うなど、徹底した捜査を行っている。

当局は、この手の事件を不敬かつ不穏なものとして、徹底したかん口令を敷くのが一般的だが、今回は製紙工場の幹部の家族や従業員を通じて、あっという間に市内に噂が広がってしまった。話を聞きつけた市民は「子どものやったことだろう」としつつ、犯人が逮捕されれば、その親も無事では済まされないだろうと口々に話しているとのことだ。

肖像画や革命伝統図書の類が粗末に扱われる事態は各地で起きており、当局は最高指導者の権威に関わる問題として、厳しく対処する方針を示している。

だが、バレさえしなければいいと、粗末に扱う人が多いようで、煮炊きの燃料として使って「証拠隠滅」する事例も報告されている。