響き渡った女子中学生の悲鳴…北朝鮮「闇病院」での出来事

金正恩氏(平壌写真共同取材団)

韓国の国立釜慶大学政治外交学科のイ・ソンボン教授は、「北朝鮮保健医療体系の形成過程と特徴」と題した論文で、北朝鮮の医療制度の核心的要素として無償治療制、医師担当区域制、予防医学、高麗医学の4点を挙げた。

大雑把にまとめると、北朝鮮国民なら誰もが無料で医療サービスを受けられ、地域ごとに住民の健康を管理するかかりつけ医を配置、病気を未然に防ぐための活動を行うと同時に、伝統医学にも力を入れているということだ。

教授はその一方で、医療システムは旧共産圏からの支援に依存しており、それが途絶えた1990年代以降に急速に崩壊、西洋医学ではなく伝統医学、民間療法に頼らざるを得なくなった点も指摘している。

国営の人民病院への期待を失った北朝鮮の人々は、私設のクリニック――つまりは「闇病院」で診療を受けることが少なくない。咸鏡北道(ハムギョンブクト)のデイリーNK内部情報筋は、そんなクリニックを営んでいた医師夫婦が摘発され、政治犯扱いされかねない状況に追い込まれていると伝えた。

清津(チョンジン)市内の咸鏡北道人民病院で、産婦人科医師として働いている女性は夫と共に自宅にクリニックを開設し、患者を受け入れてきた。

一般的に社会主義諸国では医師の社会的地位が低いが、北朝鮮もその例外ではなく、月給は他の労働者と変わらない。最上級の1級医師でも5000北朝鮮ウォン(約75円)、駆け出しの6級医師ならその3分の1ほどだ。そのため、患者からワイロを受け取ったり、自宅でクリニックを開業しなければ生きていけないのだ。

問題が明るみに出たのは最近のことだ。妻は、浦港(ポハン)区域に住む女子中学生の妊娠中絶手術を行うことにし、午前中に薬を投与した後に、クリニックを出て人民病院に出勤した。退勤後に処置を行うつもりだったのだ。ところが、その間に激しい痛みを覚えた女子中学生がクリニックを飛び出し、悲鳴を上げて通行人に助けを求める騒ぎが起きてしまった。

夫婦が良い暮らしをしていることを妬んでいた一部の近隣住民は、これ幸いとばかりに、事件を安全部(警察署)に通報、朝鮮労働党の咸鏡北道委員会、清津市委員会にまで報告が上がる事態となった。

(参考記事:若い女性を「ニオイ拷問」で死なせる北朝鮮刑務所の実態

住民の間では「党と政府の政策に反する行為を行ったのだから、重い法的処罰を受けるだろう」と噂されている。反動分子扱いとなったため、管理所(政治犯収容所)送りになる可能性すらある。なぜか。

北朝鮮では、妊娠中絶のみならず避妊までもが禁じられているのだ。金正恩総書記が2015年に下した、深刻化する少子化対策として避妊手術と妊娠中絶手術を禁じるという指示に基づくもので、違反者は最高で3年の労働教化刑(懲役刑)に処される。

経済を安定させ、医療システムを再構築することこそが最も有効な少子化対策なのだが、非常に深刻な弊害を生んでいる避妊、中絶禁止策は未だに続けられている。

ところが、一般の妊娠中絶に加え、胎児を掻き出す掻爬手術、避妊手術、さらには医師免許を持っていない夫がえくぼ、二重まぶたの整形、眉の入れ墨などの医療行為を行っていたことまで判明し、単純にカネ儲けではなく、「党の出産奨励政策を妨害する罪で、反党的行為」(情報筋)として、反動分子扱いされるに至ったのである。