金正恩氏「ニセ焼酎」に激怒し公開処刑か

金正恩氏(朝鮮中央テレビ)

デイリーNKジャパンがソウルの韓国当局筋から得た情報によれば、複数の死傷者を出した密造酒事件とからみ、「今年5月頃に平壌近郊で数人の公開処刑が行われた」との情報が北朝鮮国内で出回っているという。

また、「密造酒事件を巡っては金正恩党委員長が激怒し、自ら厳罰を指示した」との話もあるという。

平安北道(ピョンアンブクト)のデイリーNK内部情報筋によると、3月初めに「松岳(ソンアク)」ブランドの焼酎を飲んだ人々が相次いで急激な視力低下に見舞われたり、死亡したりする事故が多発した。

松岳焼酎は、韓国との軍事境界線にほど近い開城(ケソン)の松岳山にある開城松岳食料工場で製造されており、味が良いと評判でロシアや中国などの北朝鮮レストランでも販売されている。

一般的にはアルコール度数25%、360ミリリットル入りが1本1万2000北朝鮮ウォン(約156円)で販売されているが、高級品など複数の種類が存在する。

だが、今回の事件を引き起こしたのはこうした正規品ではなく、闇で製造・流通する「ニセ焼酎」だったようだ。

両江道(リャンガンド)のデイリーNK内部情報筋によると、4月1日に当局が現地住民を対象に行った講演会では、「今回問題になっている松岳焼酎は、工場で作られた正規品ではなく、何者かが作った酒に松岳焼酎のラベルを貼っただけの模造品」「分析した結果、メタノールが検出された」ということが説明された。

また、平壌に住むある人が酒とメタノールを混ぜたものを売って、それを飲んだ人が亡くなった、南浦(ナムポ)では失明した人がいるなど、被害が続出しているなどの実例が伝えられたという。

たしかに重大な事件だが、最高指導者が直々に厳罰を命じるとは、何らかの背景があるのだろうか。

北朝鮮において偽装酒、偽酒は決して珍しいものではない。米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)は昨年11月、咸鏡北道(ハムギョンブクト)の情報筋の話として、大都市の外貨商店では本物と偽物のウィスキーが販売されており、国営工場が外貨獲得のために偽物を製造していると伝えた。

外貨商店で偽物の英国産ウィスキーを掴まされた情報筋が文句を言いに行ったところ、女性店員から「その値段で本物が買えると思っているのか」と反撃されショックを受けたと伝えた。店員は、需要が存在するから販売している、とうそぶいたそうだ。

このような経緯を考えると、今回の事件で金正恩氏が激怒したことには特別な背景がありそうなのだが、それが何であるかは目下のところ不明だ。ただ言えるのは、公開処刑が「見せしめ」効果を考えて、残忍な方法で行われたであろうということだ。

(参考記事:女性芸能人たちを「失禁」させた金正恩氏の残酷ショー