金正恩激怒「温泉支配人」を公開処刑から救った救世主

金正恩氏(朝鮮中央通信)

北朝鮮国営の朝鮮中央通信は昨年7月17日、金正恩党委員長が咸鏡北道(ハムギョンブクト)の温堡(オンポ)休養所を現地指導したと伝えた。休養所とは、北朝鮮全土に100ヶ所ほど存在する労働者のための総合レジャー施設で、温泉の入浴施設などがある。現地指導でその状態を見た金正恩氏は次のように指摘したという。

最高指導者は、休養所の風呂場を見て回りながら、管理をよくしていないので温泉治療の浴槽が汚く、薄暗くて非衛生的だ、このような環境で治療になるのか、本当に汚いと指摘した。

金正恩氏は3年前、スッポン養殖場をした際に「管理がなっていない」と幹部を激しく叱責したことがある。支配人は銃殺されており、この休養所の支配人も生きた心地がしなかったことだろう。

(参考記事:【動画】金正恩氏、スッポン工場で「処刑前」の現地指導】

ところが最近、休養所の支配人は胸をなでおろしていると、咸鏡北道(ハムギョンブクト)のデイリーNK内部情報筋が伝えた。

この休養所からほど近いところに、北朝鮮が誇る名勝地、七宝山(チルボサン)がそびえ立つ。昨今、急増する中国人観光客も多く訪れており、キャパシティを超える盛況ぶりだ。

宿泊施設が不足したため、七宝山観光総局は、北朝鮮国民しか受け入れていなかったこの休養所を外国人観光客にも開放することにした。このような休養所はどこも施設や食事が貧弱極まりないのだが、当局は物資を優先的に供給するようになり、食事のレベルが向上したという。情報筋の言及はないものの、施設面でも何らかの改善があったものと思われる。

休養所の支配人は、突然降って湧いた状況にとても喜んでいるという。施設を改善しようにも予算を自力更生(自己調達)することを求められるのが北朝鮮の常だが、中国人観光客が押し寄せてきたことで、状況が好転し、クビがつながったというわけだ。北朝鮮は一時は手控えていた公開処刑を再び活発化させているだけに、支配人らにとっては幸運と言えるだろう。

金正日総書記は生前に「この世で全知全能の存在があるとするならば、それは人民大衆だ」「人民が望むならば岩の上にも花を咲かせなければならない」などと説いているが、北朝鮮の一般国民が、外国人より冷遇されていることは、この休養所への供給を見るとよくわかる。