「いっそ戦争でも起きれば」北朝鮮国内で不気味な世論が台頭

金正恩氏(朝鮮中央テレビ)

毎年9月9日は北朝鮮の建国記念日(9.9節)だ。今年は建国70周年ということもあり、当局はかなりの気合を入れて関連行事、事業の準備を進めているようだが、北朝鮮国民はそのしわ寄せで生活が成り立たないような状況に追い込まれている。

羅先(ラソン)にある中朝合弁企業に勤める咸鏡北道(ハムギョンブクト)のデイリーNK内部情報筋は、今月の給料を受け取って驚愕した。300元のはずなのに100元しかもらえなかったからだ。(100元は約1600円)

「事前の説明がないままに『忠誠の資金』の名目で天引きされてしまった」(情報筋)

北朝鮮当局は、建国70周年を控えて関連行事を盛大に開くことを計画しているようだ。それのみならず、建国記念日を飾る高級リゾート「元山葛麻(ウォンサンカルマ)海岸観光地区」の建設事業を進めている。

北朝鮮では、重要な記念日に合わせて建設プロジェクトの完成を急ぐあまり、死亡事故が相次ぐ現象が繰り返し起きている。

(参考記事:金正恩氏の背後に「死亡事故を予感」させる恐怖写真

このリゾートも同様で、当局はさらに、不足する建設費を賄うため国民のカネを巻き上げているということだ。

(参考記事:北朝鮮「倒れた作業員は連れ去られ、戻ってこれない」魔の工事現場

「以前にも勝手に天引きされることはあったが、今回のように3分の2も持って行かれたことはなかった。1ヶ月に200元でも苦しいのに100元しかもらえず、どうやって生きていけばいいのか目の前が真っ暗だ」(情報筋)

同じ会社で働く夫婦は2人で200元しか受け取れなかった。平均的な4人家族の1ヶ月の生活費が50万北朝鮮ウォン(約6500円、約410元)であることを考えると、とても暮らしていけない。夫婦は「いくら働いても手元にはほとんど残らないほどなのに、もしかして来月も天引きされるかもしれない」と心配している。

海外に派遣されて働いている労働者の事情も同じだ。

中国の遼寧省にある北朝鮮レストランの支配人は、毎月当局に上納するカネとは別に2000元を上納せよと急に言われたと言って頭を抱えている。美貌のウェイトレスが人気だった北朝鮮レストランは、以前は外貨稼ぎの柱だったが、経済制裁の続く現在は事情が違う。

(参考記事:美貌の北朝鮮ウェイトレス、ネットで人気爆発

このような上納金の追加要求は以前にもあったが、最近になってその頻度が高まっているという。最近は商売がうまくいかず、月々の上納金を納めるだけでも必死なのに、急にそんな大金を納めろと言われて仕方なしに従業員の給料から天引きすることにしたという。当然ながら、従業員は不満たらたらだ。

「元々毎月いくらかを忠誠の資金として天引きしているのに、さらにその額を増やすとなったので、従業員の間で不満が高まっている」

支配人は、このままでは従業員が逃亡、脱北しかねないと心配している。

好転しない経済状況に加え、事実上の税負担が増えるばかりの状況に、ある平安南道(ピョンアンナムド)の住民は極端なことを考え始めた。

「地方で集めたカネで平壌市民を食わせていることぐらい、誰でも知っている。地方には電気すらないのに、平壌だけは電灯が煌々と灯っている。ただでさえお先真っ暗なのに、最近は9.9節だ、元山だ、などと言って、大金を出せと迫られる。戦争にでもなればいいのに」

(参考記事:「いま米軍が撃てば金正恩たちは全滅するのに」北朝鮮庶民のキツい本音

絶望からやってくる「戦争待望論」は、中朝、南北、米朝と相次いで行われた首脳会談を契機に鳴りを潜めていたが、「これで豊かになれる」という期待が裏切られ、一向に楽にならない暮らしへの嘆きから、再び頭をもたげつつあるようだ。

(参考記事:【再現ルポ】北朝鮮、橋崩壊で「500人死亡」現場の地獄絵図