北朝鮮で横行「新種の犯罪」が金正恩体制を揺るがす

金正恩氏(朝鮮中央通信)

北朝鮮は国営メディアなどを通じ、資本主義社会のことを「犯罪が横行する腐敗した世の中」であると非難する。そして、自国は人間愛と公正・公平が実現された理想の社会主義社会であると自賛する。

しかし実際のところ、北朝鮮もほかの国と何ら変わる所のない、欠陥だらけの社会だ。そのことは、他ならぬ金正恩党委員長も認めている。同氏は昨年12月23日の朝鮮労働党第5回細胞委員長大会で演説し、「非社会主義的現象の根絶」を訴えた。非社会主義現象とは、文字通り北朝鮮が標榜する社会主義の気風を乱すあらゆる行為を指す。

たとえば賭博、売買春、違法薬物の密売や乱用、韓国など外国のドラマ・映画・音楽の視聴、ヤミ金融、宗教を含む迷信などなどだ。もちろん、その他の刑事事犯も含まれる。

(参考記事:コンドーム着用はゼロ…「売春」と「薬物」で破滅する北朝鮮の女性たち

金正恩氏がわざわざ「根絶」を訴えるということは、北朝鮮社会でこれらが横行していることの反証と言える。実際のところ、北朝鮮には社会主義の気風などほとんど残っていない。1990年代に計画経済と配給システムが崩壊したために、その後はなし崩し的に市場経済化が進行。その過程で、売買春や薬物の乱用が、資本主義国も真っ青な勢いで蔓延した。

(参考記事:一家全員、女子中学校までが…北朝鮮の薬物汚染「町内会の前にキメる主婦」

そして最近では、世相を反映した「新種の犯罪」が増えていると、米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)が伝えている。

その犯罪とは、「携帯電話の強奪」である。平安北道(ピョンアンブクト)の情報筋がRFAに語ったところでは、「道内某所の夜道で最近、3人組の男たちが走行中のタクシーを止めて運転手と乗客を襲撃。殴り倒した後、現金と携帯電話をうたった幾事件があった。この道路は平壌と新義州を結ぶこの道路は、外貨を持つ貿易業者の利用が多いため、同種の犯罪が頻発している」という。

この情報筋はまた、「携帯電話、とくにスマートフォンを狙った犯罪が増えているが、犯人はだいたい10代から20代の若者たちだ。司法機関は取り締まりに力を入れているが、成果は上がっていない」と話している。

こうした犯罪の背景には、北朝鮮の人々にとって、スマホがきわめて高額であるという事情がある。

中国との国境に面した咸鏡北道(ハムギョンブクト)を例に挙げると、端末は一番安いものでも中国人民元で500元(約8600円)する。ハイエンドユーザー向けは4000元(約6万9000円)もするという。SIMカードは、最初から携帯に挿入されていることもあるが、別々に買うのが基本で、通信の容量により10元(約170円)から75元(約1300円)まである。

つまり北朝鮮での携帯電話の初期費用は、65万北朝鮮ウォン(約8450円)から550万北朝鮮ウォン(約7万1500円)となる。これをコメ価格に換算すると115キロから1トン、労働者の一般的な年収に換算すると、11年分から91年分が必要になる計算だ。まさに、「ひと財産」と表現できてしまう水準と言える。

犯罪で「一獲千金」を狙う不心得者には、絶好のターゲットであるというわけだ。

それにしても、国民統制のため社会の隅々まで監視の目を張り巡らせている北朝鮮当局は、こうした犯罪への対応がめっぽう弱い。こうして次々に生まれる「新種の犯罪」に対応するため、司法当局の能力が強化されなければ、いずれ社会秩序の崩壊により金正恩体制が揺らぐ日が来るかもしれない。

(参考記事:北朝鮮で少年少女の「薬物中毒」「性びん乱」の大スキャンダル