希望の党に民進党が解党して合流か~一気に保守二大政党へ

新党「希望の党」 都内で設立会見(写真:ロイター/アフロ)

 民進党が希望の党に合流か、という報道がなされている。ここまで報道がなされたら、民進党は後に戻ることはできない。そういう弱気の政党が単独で総選挙を戦えるはずがないとみられるからだ。すでに賽は投げられたのである。

 私は解散総選挙後に、敗北した民進党は解党し、希望の党に合流する議員と共産党と一緒になり、新たな左派第三勢力を形成する議員とに分かれると予想し、記事を書いてきた。それが選挙前に前倒しとなる可能性が高まった。相次ぐ離党者とともに、選挙予想では民進党は大敗するとされている。私の選挙予想では、このままで選挙戦に入ったら、民進党はおそらく議員数を3分の1程度に減らすことになる。もはや政権を狙うような政党ではなく、社民党化するか、解党するか、しかなくなると予想していた。

 それでも、まさか総選挙前に民進党が希望の党に合流することが現実的になるとは思っていなかった。想定外の展開だ。確かにこの案はあっても、民進党にはかなりの左派もいるし共産党との連携も吹っ飛ぶ。今回の解散総選挙は「いきなり」感があるもので、短期間では調整がつかないと考えていた。ありえない案のはずであった。

 共産党はいきなりハシゴを外される形になる。これまで議論を重ね、反安倍政権の勢力結集のために努力を積み重ねてきた。それらが一気に壊されるとすれば、信義にもとる、ということになるだろう。自由党や社民党にも簡単に乗れない議員が多い。自由党では小沢代表は小池氏と一緒に活動したこともあり、元保守本流としては問題ないかもしれないが、山本太郎議員や安全保障政策などで小池氏と一緒に活動することは無理と考えられる。護憲を党のシンボルとして掲げる社民党はまず合流は考えられないだろう。こうしたことを考えなければならないくらい民進党は追い詰められたといえる。

 ポイントは民進党の全てが希望の党に合流する形になるのか、一旦解党して個人が合流する形になるかだ。後者では必ずしも全ての議員や候補予定者が合流できるとは限らない。民進の保守派は合流するが、左派は改憲などで難しいだろう。選挙が迫った時期にこれだけの大変化。全てが合流するというのでなければ地方組織は混乱するだろう。民進党の前原代表は「衆議院選挙の候補者について、希望者は全員、東京都の小池知事が代表を務める新党から立候補させたいという意向を示している」(NHKニュース・デジタル:9月27日)ことが報道されている。しかし、これは民進党側の要望だ。

 希望の党は新たな候補者を擁立したい。民進の議員や候補予定者全てを受け入れたら民進の名称替えというイメージになる。合流後の主導権にも影響することになる。せっかくの新党が、民進党の衣替えと映っては意味がないと考えるだろう。立候補予定者も含め、一旦白紙に戻して新たに選考し直すのではないか。おそらく、希望の党が打ち出す方向や政策をもとに、「踏み絵」となるのだろう。改憲や現実的安全保障政策などが重要な案件になるだろう。

 民進党に激震が走っている。自民党と希望の党の二大保守政党が基本となり、共産党を基軸とした左派連合が対抗するという構図が一気にできそうだ。

 これまで民主党・民進党を支えてきた重鎮はどうするのか。菅直人元民主代表、野田佳彦元民主代表、岡田克也元民主代表、蓮舫元民進代表などの判断も注目される。もちろん希望の党の側からの判断もだ。

 これから民進党議員や候補予定者を巡って大混乱が起きる。そしてそれはメディアの格好の注目ニュースとなる。希望の党は解散総選挙の投開票まで、メディアを支配しそうだ。自民党議席に迫る議席を獲得する可能性もある。

 おそるべし、小池戦略。小泉劇場を上回るような小池劇場が始まった。