東京都議会選挙、最終予想~都民ファースト47、自民40、公明23、共産11、民進5、ネット1

活動する都議会選立候補予定者(写真:つのだよしお/アフロ)

東京都議会選挙が間近に迫ってきた。各政党の公認候補者もほぼ決まり、告示を前に最終予想の時期になってきた。全選挙区でのシュミレーションを行い、各党の予想獲得議席を出してみた。議席定数が5人以上の選挙区では、最後の1~2議席をめぐって激しい戦いが想定され、ちょっとした風によって獲得議席数が左右されることがある。

全体としては、都民ファーストの会がやはり強い。公認候補者数をかなり絞ったこともあり、立候補者のほとんどが当選する勢いだ。70名前後の立候補者の擁立の可能性も話題になったことがあるが、小池百合子知事は、公明党との連携を選択し、確実に候補者が当選する戦略をとった。特に1人区、2人区においては非常に有効な戦略である。都民ファーストの会は島部(1)を除くすべての選挙区で1~2議席を獲得すると予想している。都議会の最大会派になるのは間違いない状況だ。豊洲市場・築地市場の問題はあるが、世論もまっぷたつに分かれており、今後、この問題で票が大きく動くことはなさそうだ。

自民党も昨年の夏の段階では、大敗も予想されたが、やはり底力がある。それとともに、都民ファーストの会以外には、議席を伸ばす野党が見当たらないこともあり、相対的に競り勝って、40議席前後になりそうだ。都民ファーストの会が立候補者を絞ってきたことに助けられた部分もある。ただ、自民党には国政で逆風もある。安倍首相関連の森友学園問題、加計学園問題で守勢に追いやられているのに加えて、「共謀罪」法案の強行的な成立もマイナスになると考えられる。都民にとってはより身近なテーマは禁煙法案のゆくえだ。今国会での提出は見送られたものの、自民党は「骨抜き案」を検討していると報道されている。それに対して小池知事は都条例で厳しい対応を示唆している。非喫煙者の方が圧倒的に多くなっている状況では、禁煙支持の方が、票を得やすい構造になっている。40議席にわずかに届かない可能性がある。

公明党は立候補者全員の当選になりそうだ。不安視された選挙区もあったが、集中的な選挙運動(公式には政治活動)によって、取りこぼしなしの選挙になりそうだ。小池知事との連携もプラスである。

共産党は、民進党との議席争いになる。かなりは共産党が競り勝ちそうだが、都民ファーストの会が新たに相当数の議席を獲得するので、現有の17議席は減らしそうだ。とはいえ、10議席以上にはなりそうで、存在感はある。現在、11議席を予想しているが、1~2議席上乗せする可能性がある。

問題は民進党だ。2013年の都議選では、43議席から15議席に激減させ、大敗北の選挙となった。しかし、今回はさらに議席を減らしそうだ。私の予想ではわずかに5議席。共産党や自民党の2人目候補などと激しく争う形になっており、それに競り勝てばもう数議席は上乗せすることは可能だが、10議席に届くことはなさそうだ。惨敗になりそうで、国政選挙でなくても党首の責任が問われる可能性が高い。

日本維新の会は1議席確保できるかどうか。都民ファーストの会と支持層が重なる中で、苦戦している。

議席獲得予想

都民ファーストの会 47議席

自民党       40議席

公明党       23議席

共産党       11議席

民進党        5議席

生活者ネット     1議席

都民ファーストの会と公明党で70議席であり、この2党で過半数を超える。小池知事はマジョリティの連立与党で安定した都政運営ができそうだ。心理的には、最大野党になりそうな自民党が40議席を超えるか、下回るか、は大きい。30議席台になれば、やはり自民党敗北の感が強い。公明党との選挙協力の効果も議論されそうだ。40議席に達するなら、勝利とは言えないまでも善戦という評価になりそうだ。

また、40議席にさらに上積みすることができると、理論的には自公が再連携により過半数を握ることができる。さすがに都政において公明党の自民党再連携の選択肢はないだろうが、それでも、小池知事に対してプレッシャーをかけることができる。自民党の獲得議席も注目だ。