農業・漁業の再生は第10次産業化の発想で!~知的コーディネート力がカギ

6次産業という言葉はかなり定着してきた。農業や水産業、林業などの第一次産業は日本においては長期低落傾向にある。産業として衰退し、従業者人口も激減している。さらに極度の高齢化が進み、将来は極めて厳しい状況になっている。海外から非常に安価な農業・林業・漁業の産品が入ってくる。農畜産物、水産物、木材などの素材だけの勝負では展望を作ることはできない。

農業経済学者の今村奈良臣氏は6次産業を提言した。6次産業は、第1次産業の農畜産物、水産物の生産だけでなく、第2次産業の食品加工や、第3次産業の流通、販売にも農水産業者が主体的かつ総合的に関わることによって、付加価値のあるビジネスを展開するものだ。第1次産業、第2次産業、第3次産業をすべてミックスするということから、第6次産業という言い方がされてきた。第1次産業の農林水産物を売り出すのに、第2次産業や第3次産業との連携を行うというアプローチがこの第6次産業となっている。確かに、農林水産物をそのまま売っても、限界がある。はるかに安価な海外からの輸入品には勝てない。そこで様々な工夫をして、付加価値を高めて、発想力と技術力で対抗しようというのだ。素材そのものだけでなく加工し、付加価値を与えることは意味がある。また、作物をそのままではなく調理・加工・パッケージングして販売することが出来るので、市場への卸価格に左右されることなく安定した収入が得られる。採れすぎ貧乏、作りすぎ貧乏を避けることにも繋がる。そして産品のブランド化にも繋がる。「6次産業化」という言葉は魔法の言葉のように飛び交った。

発想は理解できるし、支持する人も多い。しかし、実際に成功した例は多くない。なかなか6次産業の成功事例がでてこない。農林水産省が出す「成功事例集」には非常にたくさんの「成功事例」が載っている。農林水産省などの補助金で多くの取り組みがされ、それらが「成功例」として載っているのだ。しかしその中で本当に成功と言えるのは限られている。成功するかにみえて失敗、という事例もたくさんある。星の数ほど失敗しているのだ。

私は、それに第4次産業の知的財産やコーディネート力、文化力を結びつけることによってさらに高価値のものとして、競争力を高めることが必要だと思っている。知的ソフトパワーで1次、2次、3次をまとめることができなければ絵に書いた餅になってしまう。第4次産業が6次産業の成功の鍵といってもいいものだ。第1次産業に携わっている人はその道でのプロフェッショナルであっても、全体を見渡すことはなかなかできない。船に乗って魚をとる漁師が、先端の加工技術を熟知していたり、都会の若者の流行を把握している可能性は低い。いきなり新たな発想は生まれにくいし、例え生まれても、新たな分野では素人に近い。失敗する確率も高いのだ。

4次産業が1次、2次、3次産業を新発想でコーディネートすることが重要だ。足し算すると第10次産業。まさに大学などの研究機関が起点となって、産学連携をダイナミックに進めるということだ。これは本気で行うなら価値がある。どれだけ本気になってできるか、にかかっている。大学や研究所、学会が起点となって、様々な分野の連携を促しながら、新たな展開をすることができるなら、まだまだ、日本の社会が伸びていく余地はある。

日本の社会は蛸壺化してしまった。横断的な繋がりや発想が出にくい社会になったのだ。1960年代の製造業をベースにした高度経済成長期には、与えられた仕事をまじめに取り組めば成長の流れに入ることができた。しかし、今は第1次産業だけでなく、第2次産業も、新発想で付加価値を付けることが求められている。

第10次産業化が閉塞した日本の起爆剤になる。第10次産業によって何ができるか、何が生まれるか。日本の新たな挑戦だ。