蓮舫氏の衆議院鞍替えの可能性と出馬の選挙区

(写真:アフロ)

民進党の蓮舫代表は参議院議員だ。民進党は野党第一党であり、政権交代を目指す政党だ。参議院議員で首相になれないとは規定されていないが、首相は衆議院の解散権を持つので、やはり衆議院議員でなければという声は出る。つまり、今のままでは首相を狙うとは言えないのだ。

年明け衆院解散総選挙が話題になっている。かなりの確率で解散になりそうだ。そうなると蓮舫氏は衆院に鞍替え出馬となるだろう。10月の東京10区補選に出馬の可能性も取りだたされたが、これはスルーした。補選は比例復活がないし、東京10区は小池知事の議席のあったところで、若狭氏が出馬したら、蓮舫代表といえども落選の可能性は高い。代表が国会議員でなくなれば、もう一度代表選をするしかなくなる。民進党は大混乱になるリスクがある。

年明け衆院解散総選挙までには時間もあり、なんとか調整ができるだろう。最悪、比例復活もあるので、リスクが低い状態で出馬することができる。民進党の東京衆院小選挙区の立候補予定者の状況は以下の通りだ。

1区:不在 海江田万里(公認内定)

2区:不在 松尾明弘(公認内定)

3区:比現 松原仁

4区:不在 井戸正枝(公認内定)

5区:不在 手塚仁雄(公認内定)

6区:比現 落合貴之

7区:選現 長妻昭

8区:不在 吉田晴美(公認内定)

9区:比現 木内孝胤

10区:不在 鈴木庸介(公認内定)

11区:不在 前田順一郎(公認内定)

12区:不在

13区:不在 北條智彦(公認内定)

14区:不在 清水啓史(公認内定)

15区:選現 柿沢未途

16区:比現 初鹿明博

17区:不在 伊藤正樹(公認内定)

18区:比現 菅直人

19区:不在 末松義規(公認内定)

20区:不在 竹田光明(公認内定)

21区:比現 長島昭久

22区:不在 山花郁夫(公認内定)

23区:不在 櫛渕万里(公認内定)

24区:不在 高橋斉久(公認内定)

25区:不在 山下容子(公認内定)

蓮舫氏出馬の可能性としては、1区海江田氏か、18区菅氏に引退してもらい、そこで出馬することが考えられる。特に菅直人氏はかつての民主党の負のイメージがまだある。引退の引導を渡し、新しい民進党のイメージを作るということが可能だ。ただ菅直人氏の意向もあり、どのように調整できるかだ。海江田氏も、以前の民主党のイメージがあるので、同様の意味から引退してもらうこともありえる。

自民党の大物議員の選挙区に殴り込みの手もある。8区の石原伸晃氏か11区の下村博文氏の選挙区だろう。特に石原伸晃経済財政政策担当大臣は注目を浴びそうだ。石原氏は東京都知事選で小池氏の対抗馬として増田氏を担ぎ、敗北した。それだけに、蓮舫氏が石原氏に勝つならインパクトは強い。その場合には調整も必要だ。

12区は民進党の候補者不在で、党内の調整は楽だが、共産との選挙協力にこの選挙区は譲る必要ありそうだ。

蓮舫氏は参議院では東京選挙区選出なので、東京以外の小選挙区での出馬はないだろう。東京選挙区はすべてが埋まっているだけに調整が必要だ。蓮舫氏の党内での地位を確立するには、自民党の大物政治家に勝つか、菅直人氏などの昔のイメージを払拭する形で当選するか、だろう。