小池新党、民進党反主流派、「維新」が新たな第3極を形成する可能性~政局が大きく動くかも知れない

(写真:アフロ)

小池百合子氏が東京都知事選で圧勝し、自民党は小池氏の処分を考えている。自治体の首長、しかも東京都という体力のある自治体の首長となった今、小池氏にとって自民党のブランドはそれほど必要ではなくなった。自民党が処分を下すなら、小池氏を中心とした新たな政治勢力を東京に作っても構わない状態になった。自民党東京都連も分裂状態になる可能性がある。来年は東京都議会選挙だ。守旧派の自民党と改革派の小池新党というイメージで選挙になると、議員の大幅なチェンジがありうる。「維新」との連携ともなれば、一大勢力になるかもしれない。

折しも、岡田克也民進党代表が、9月の代表選に出馬しないことを発表した。岡田氏の後継が蓮舫氏になるのかはまだ定かではない。枝野幸男や長妻昭氏となる可能性も否定できない。ただ、岡田路線の後継者だけが代表選に出馬するわけではない。共産党などとの連携に異議を唱える反主流派が活気づいている。共産党など野党連合路線は、参議院選挙から行っているが、この参議院選挙で成功したとは言い難い。失敗したとも言えない微妙なところだ。しかし、同じ仕組みで戦った東京都知事選では鳥越俊太郎氏が大敗した。もちろん女性スキャンダルなどの影響が大きかっただろうが、結果としては共産党との連携は失敗したということになる。民進党を分裂させるかも知れない大きな路線対立がある。

そして、おおさか維新の会が名称を変更しようとしている。おそらく日本維新の会に落ち着くのではないかと見られている。とにかく「おおさか」の文字はなくなりそうだ。そうなると、小池新党や民主反主流新党が日本維新の会と連携する、あるいは合流するというシナリオが可能になるのだ。「維新」は橋下徹氏が党の顔として発展してきたものだ。改革志向の保守といっていいだろう。小池氏も今の状況は完全に改革志向の保守だ。民進党の反主流と言われる前原誠司氏、細野豪志氏らも改革志向の保守といってもいいだろう。民進党からはこの路線に共鳴する議員はかなりいそうだ。

小池氏の選挙に名古屋市長の河村たかし氏も応援に駆けつけた。河村氏もおおさか維新の会が名称を全国版的に変更するのであれば、合流したい意向だ。河村市長も名古屋市政では厳しい状況に追い込まれたが、全国的な新たな流れができるとそれで息を吹き返すかもしれない。国政復帰も考えられる。

一時は第3極として日本維新の党やみんなの党などは勢力を増した。しかしみんなの党はなくなり、日本維新の党も分裂した。そして分裂した一派は民進党に合流した。今、おおさか維新の会が、名称を変更し、小池氏や民進党反主流派と連携すると、非常に大きな勢力に成長する可能性がある。自民党にとってもこれは看過できないくらいの事態になるかも知れない。自民党も組織力は弱まっている。組織的には公明党の支援団体の創価学会に頼っている状態だ。浮動票が取り込めなければ、相当に議席を減らすことは民主党が政権奪取した2009年の衆議院選挙でも証明されている。あれから民主党/民進党が浮動票を取れなくなったから、今の自民党の圧勝続きがある。オールジャパン的「維新」は状況を一変させる可能性がある。

民進党にとってもこれは真剣に考えるべきことだ。前身の民主党は左派的リベラル派と改革志向の保守派とが入り混じっていた。民進党となった今も、まともに党内で政策を決めることは非常に難しい。安全保障や増税、TPPなどでは党内に意見の対立がある。それを曖昧にしながらなんとか党の形を守ってきたのだが、共産党を含めた野党連合の路線をとったことによって、明確な路線を決めなければならなくなったと言える。長期的には民進党も曖昧なままに進むわけにはいかないので、ここらへんで方向性を明確にすることはいいことかもしれない。まだ民進党は主流派の路線になるのか、反主流派の路線になるのかは決まっていない。私は蓮舫氏か枝野氏に落ち着くのではないかと思っているが、そうなると新たな展開がありそうだ。

今回の参議院選と東京都知事選は、思いがけない新たな展開を呼び込みそうだ。これから1~2ヶ月の政局の動きは注目しておく必要がある。