2016年参議院選挙の中国・四国地区の選挙区の予想をしてみる。この地域は自民党の牙城で、圧倒的な強さを誇っている。多くの選挙区で1議席の定数であるために、自民党がほとんどの議席を獲得しそうだ。2議席の定数は広島のみ。ここに民進党が食い込める程度だ。一時期は民主党も力をつけていたが、民主党政権での失敗からまた一気に自民党王国に戻った。

岡山(1)

 ◎小野田紀美(自民)

 ▲黒石健太郎(民進)

  田部雄治(幸福)

 自民党は公募で立候補者を決めた。自民党が有利な状態で、番狂わせは考えにくい。民進党の黒石氏は元参議院議長の江田五月氏の後任としての位置づけ。現在の民進党の岡山での勢いからすると厳しい戦いとなっている。

広島(2)

 ◎宮沢洋一(自民)現

 〇柳田稔(民進)現

 ▲灰岡香奈(おおさか維新)

 ▼高見篤美(共産)

  中丸啓(日本のこころ)

  佐伯知子(幸福)

 広島選挙区の定員は2で、自民と民進が分け合う構図だ。おおさか維新の会も広島では支持が増えているので番狂わせがないとは言えない。ただよほどのことがなければ、宮沢氏と柳田氏ということになりそうだ。

鳥取・島根(1)

 ◎青木一彦(自民)現

 ▲福島浩彦(無所属)

  国領豊太(幸福)

 島根県、鳥取県は自民党王国。自民党現職の青木氏の優位は揺らぐことはない。野党からの推薦を受ける福島氏がどれだけ支持をえることができるか。

山口(1)

 ◎江島潔(自民)現

 ▲纐纈厚(無所属)

  河井美和子(幸福)

 山口県は安倍首相のお膝元。さすがに取りこぼしは許されない。纐纈氏は元山口大学副学長でもあり、浮動票も取れそうだ。江島氏も万全の体制とは言えないが、有利な戦いであることは確かだ。

徳島・高知(1)

 ◎中西祐介(自民)現

 ▲大西聡(無所属)

  福山正敏(幸福)

 徳島と高知の合区になっての選挙となる。どちらにおいても自民党が強く、現職の中西氏は優勢な戦いとなっている。弁護士の大西氏はどこまで反安倍政権票と浮動票をまとめることができるか。合区となったこともあり、選挙区が広く、無所属新人としての戦いは容易ではない。

愛媛(1)

 ◎山本順三(自民)現

 ▲永江孝子(無所属)元衆

  森田浩二(幸福)

 愛媛も自民党が強く、現職の山本氏が有利な戦いである。元衆議院議員の永江氏は、南海放送のアナウンサーの経験もあり、知名度がある。選挙前に自民党に逆風が吹けば、逆転の可能性もある。

香川(1)

 ◎磯崎仁彦(自民)現

  田辺健一(共産)

  中西利恵(幸福)

 民進党は香川選挙区での擁立を取りやめた。しかし共産党田辺氏への推薦も見送ることになった。1人区では唯一、共産党の公認候補となる。自民党は強く、現職の磯崎氏は圧倒的な優位にたっている。