2016年参議院選挙の選挙区予想 【北海道・東北】

 2016年参議院選挙の北海道・東北の選挙区の予想をしてみる。かなりの激戦区だ。選挙前に空気が変わると、逆転となる選挙区が多い。東北は1人区が多いので、野党の選挙協力がどこまで効果があるかも重要なポイントだ。

北海道(3)

 ◎長谷川岳(自民)現

 〇徳永エリ(民進)現

 〇柿木克弘(自民)

 ▲鉢呂吉雄(民進)元衆

 ▲森英士(共産)

  森山佳則(幸福)

  飯田佳宏(無所属)

 北海道は3人に定員が増えた。自民党も2名、民進党も2名の立候補者の擁立を図る。長谷川氏は強いと考えられるが、残りの2議席を徳永氏、柿木氏、鉢呂氏、森氏で争う。徳永氏と柿木氏が競り勝つと予想。

青森(1)

 〇山崎力(自民)現

 ▲田名部匡代(民進)元衆

  三国佑貴(幸福)

 青森は1議席を山崎氏、田名部氏が激しく競り合う。山崎氏と田名部氏は激戦を繰り広げるが、山崎氏が逃げ切ると予想。

岩手(1)

 △田中真一(自民)

 ▲木戸口英司(統一・生活)

  石川幹子(幸福)

 田中氏と木戸口氏の激戦区。岩手は小沢王国であったが、かつての勢いはない。もともとは自民保守の地盤であり、自民の田中氏が接戦を制すると見る。

秋田(1)

 〇石井浩郎(自民)現

 ▲松浦大悟(民進)元

  西野晃(幸福)

 自民党現職の石井浩郎氏と民進党元職の松浦大悟氏が激しく戦う選挙区。松浦氏は野党統一候補となっている。結局は現職が逃げ切るか。

山形(1)

 △月野薫(自民)

 ▲舟山康江(無所属)元

  城取良太(幸福)

 この選挙区も激戦となっている。舟山氏は無所属で統一候補というスタンスで戦う。月野氏の名前がどこまで浸透するか。小差で月山氏が逃げ切ると予想。

宮城(1)

 △熊谷大(自民)現

 ▲櫻井充(民進)現

  油井哲史(幸福)

 宮城選挙区は定数が2から1へと減った。自民党と民主党とで分け合っていた静かな選挙区が一気に激戦区に変わったのである。熊谷氏が自民党の安定力で勝つと予想した。

福島(1)

 △増子輝彦(民進)現

 ▲岩城光英(自民)現

  矢内筆勝(幸福)

 

 福島は現職同士の戦いになる。もともと定数は2であったが、前回選挙から1に減っている。ここも激戦。福島は民主王国と言われた地でもあり、共産党との選挙協力も実現したことから、増子氏が競り勝つと予想。僅差になる可能性が高い。