混沌としてきたアメリカ大統領選~12のシナリオ

(写真:アフロ)

 アメリカ大統領選は、混沌としてきています。共和党のトランプ氏の勢いがまだ衰えず、ひょっとしたら、との声も出てきています。民主党のサンダース氏も予想以上に健闘。クリントン氏独走の予想が外れています。共和党は、トランプ氏、クルーズ氏、ルビオ氏に絞られています。民主党はクリントン氏とサンダース氏。となると6のシナリオのはずですが、ブルームバーグ氏が本選に出馬する可能性があります。トランプ氏やサンダース氏などアメリカ全体の大統領としてはいかがなものか、という声がある状況ですから、ブルームバーグ氏が参戦するとまたまたわからない状態になります。極めてイレギュラーな大統領選挙となりつつあります。 保守派、中道・穏健派、リベラルのすべてをまとめる人が本選では勝ちます。予備選とはまた違った法則が働きます。12のシナリオを検討してみましょう。

1.トランプ氏対クリントン氏

 今のところ、この本選の戦いが有力視されています。トランプ氏の勢いは止まらず、このまま突っ走るのではないかと。私はさすがにトランプ氏の勢いは止まる、と予想はしています。この戦いになると、やはりクリントン氏有利となりそうです。トランプ氏は共和党支持者や中道・穏健派をまとめることはできないでしょう。クリントン氏が人気があるわけではないのですが、トランプ氏を避ける票が集まる、という感じになりそうです。

2.トランプ氏対クリントン氏対ブルームバーグ氏

 これは最も読みづらい展開です。票を分ける可能性が高くなります。ということは誰も過半数を獲得しない可能性が高いのです。ただ、ブルームバーグ氏はクリントン氏が民主党からの立候補者となった場合には出馬しないとも発言しており、実際にはこの可能性は小さいでしょう。クリントン氏、トランプ氏、ブルームバーグ氏の順になるのではないかと思います。過半数に達しない場合、が憲法修正12条で連邦議会下院が大統領を選出します。下院は共和党議員が多数を占めます。読みづらいですが、おそらく比較優位の人が選出されるでしょう。となるとクリントン氏ということになります。

3.トランプ氏対サンダース氏

 これもないとは言えないケース。あまりに極端ですが、排除できないシナリオです。今の段階ではサンダース氏が優位ですが、どちらにもころびうる究極の選択です。

4.トランプ氏対サンダース氏対ブルームバーグ氏

 ブルームバーグ氏の参戦が最も可能性があるのが、このケースです。さすがにアメリカ国民もこれは認めないだろうというのです。おそらく順はサンダース氏、トランプ氏、ブルームバーグ氏となるでしょうが、下院のマジョリティの共和党はさすがにサンダース氏を容認しないでしょう。といって、トランプ氏を推したくない人もかなりいます。この場合にはブルームバーグ氏が選出されるという可能性もあります。

5.ルビオ氏対クリントン氏

 私はこのケースが最も高いと今も思っています。このケースとなるとやはりルビオ氏が優勢と思っています。

6.ルビオ氏対クリントン氏対ブルームバーグ氏

 おそらくブルームバーグ氏はこのケースには参戦しないでしょう。参戦しても選出される可能性は低いです。ルビオ氏が比較優勢となり、下院でルビオ氏が選出となるでしょう。

7.ルビオ氏対サンダース氏

 0ではないので想定はします。おそらくルビオ氏が勝利となると思います。

8.ルビオ氏対サンダース対ブルームバーグ氏

 この場合もルビオ氏が比較優勢となり、下院でルビオ氏が選出となるでしょう。

9.クルーズ氏対クリントン氏

 これはかなりいい勝負になります。ただ私はクルーズ氏が共和党の予備選を勝ち抜く可能性は低いと思っています。可能性の低いシナリオです。これは接戦になります。

10.クルーズ氏対クリントン氏対ブルームバーグ氏

 ブルームバーグ氏の票がクリントン氏の票を食うので、クルーズ氏が優位になります。おそらくブルームバーグ氏の参戦はないでしょう。あればクルーズ氏が比較優位で下院でクルーズ氏が選出されるでしょう。

11.クルーズ氏対サンダース氏

 このシナリオの可能性は相当に低いものです。実際にあれば、かなりの接戦となります。さすがにクルーズ氏が接戦を制すると思います。

12.クルーズ氏対サンダース氏対ブルームバーグ氏

 クルーズ氏が比較優位となり、下院でクルーズ氏が選出されるでしょう。

 私の予想は、5です。ルビオ氏対クリントン氏となり、ルビオ氏が勝利するというものです。次の可能性の高いシナリオは1です。トランプ氏対クリントン氏の戦い。クリントン氏が逃げ切ると思っています。トランプ氏対サンダース氏対ブルームバーグ氏という戦いとなるとこれは混沌とします。こうなるとイレギュラー中のイレギュラーの大統領選となります。ブルームバーグ大統領というのもありえます。

 このどれが有力なるか。スーパーチューズデーの結果でかなり分かることになります。