発展途上国支援ランキングで日本は27カ国中27位の最下位~衝撃のランキング結果です

(写真:アフロ)

 発展途上国への支援の度合いを測る「発展途上国支援ランキング」(The Commitment to Development Index)がCenter for Global Developmentより発表されています。発展途上国の支援活動や姿勢について27カ国をランク付けしています。日本は残念ながら27カ国中27位、つまり最下位にランキングされています。ODAで世界のトップに君臨した日本のイメージはもうなくなっています。

 このランキングは、援助(Aid)、財政支援(Finance)、技術支援(Technology)、環境支援(Environment)、貿易(Trade)、安全支援(Security)、移民(Migration)の7つの要素を数値化して行ったものです。

 まずは総合指数でのランキングを見てみましょう。

1.デンマーク(6.1)

2.スウェーデン(5.8)

3.ノルウェー(5.7)

4.フィンランド(5.6)

4.オランダ(5.6)

6.フランス(5.5)

6.イギリス(5.5)

8.ポルトガル(5.4)

8.ニュージーランド(5.4)

10.オーストラリア(5.2)

10.カナダ(5.2)

10.ドイツ(5.2)

13.ベルギー(5.1)

13.オーストリア(5.1)

13.スペイン(5.1)

13.アイルランド(5.1)

17.イタリア(5.0)

18.ハンガリー(4.8)

18.ルクセンブルグ(4.8)

18.チェコ(4.8)

21.アメリカ(4.6)

22.スイス(4.5)

22.スロバキア(4.5)

22.ポーランド(4.5)

25.ギリシャ(4.4)

26.韓国(4.3)

27.日本(4.1)

 デンマークやスウェーデン、ノルウェー、フィンランドといった北欧はやはり高いランキングになります。さすがに最下位というのはショッキングです。経済破綻しているといわれるギリシャの下に位置するのでは思いやられます。日本が7つの要素でどのくらいの順位であったかをみてみましょう。

援助(Aid)         11位

財政支援(Finance)     24位

技術支援(Technology)    4位

環境支援(Environment)  27位

貿易(Trade)       26位

安全支援(Security)    26位

移民(Migration)      25位

 技術支援がかろうじて上位にありますが、財政支援、環境支援、貿易、安全支援、移民などでは最下位を争うようなランキングになります。こうしたランキングはちょっとした指数の扱い方の違いで大きな違いをうむものではあります。しかし、ここまで低いと、やはり問題です。CO2排出の減少などにも貢献度が少ないことや熱帯木材の輸入を多くすることなども課題として挙げられます。また農産物への関税が高いこともランキングを下げる要因の一つです。難民に関しては、日本は受け入れに非常に消極的です。

 日本は第二次世界大戦に敗れ、平和憲法を持ち、世界の平和と繁栄に寄与することを誓っています。日本の憲法の前文には以下の文があります。

「日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと務めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。」

 素晴らしい憲法前文です。しかし、今の日本はこの決意に恥じないような途上国の支援を行っているとは言えないようです。資源が乏しい日本は、世界の多くの国から信頼を得て、「名誉ある地位」を持って、発展していくことが必要です。このランキングは衝撃的です。日本の国際戦略のあり方を見直すことが必要と思います。