ラグビーワールドカップ、厳しい日本の8強進出~どのシナリオで可能なのか

 ラグビーワールドカップは日本が南アフリカに金星をあげたこともあり、日本での盛り上がりは予想以上となっています。サモア戦も26対5で快勝。日本のワールドカップでの通算成績は3勝2分け22敗としました。この大会で2勝ですから、これまではわずかに1勝でした。いかに今大会の活躍が目覚しいかがわかります。

 南アフリカとサモアに勝利した日本はそれだけでもすごいのですが、こうなったら次のステージにも進んでもらいたいですね。サモア戦に勝利したことから、日本の勝ち点は8。しかし、スコットランドと南アフリカの対戦で南アフリカが、34―16で勝利しました。できればスコットランドに勝ってほしかったのですが、仕方ありません。南アフリカは勝ち点が11、スコットランドは勝ち点が10になりました。

 残り試合は、日本はアメリカ戦、南アフリカはアメリカ戦、スコットランドはサモア戦、となります。すべてのシナリオで、日本が8強進出が可能かどうか見てみましょう。

1.日本が敗戦 アウト

2.日本が引き分け アウト

3.日本が勝利し、南アフリカが引き分けた場合 アウト

4.日本が勝利し、南アフリカが負けた場合

  日本は勝ち点4か5を得ます。南アフリカが得ることが出来る新たな勝ち点は0、1、2のどれか、です。

  つまり日本は勝ち点が12か13になり、南アフリカは11、12、13のいずれかになります。勝ち点が並んだ場合には対戦成績となりますから、12で並んだ場合、13で並んだ場合のいずれも日本が決勝トーナメントに勝ち上がることになります。日本は4トライ以上を奪っての勝利で、勝ち点を13に伸ばしていれば南アフリカが敗戦した場合には勝ち上がることができます。

5.日本が勝利して、スコットランドが引き分け

  日本は勝ち点4か5を得て、スコットランドは勝ち点2か3を得ます。つまり日本は勝ち点が12か13になり、スコットランドは12か13のいずれかになります。勝ち点が並んだ場合には対戦成績からスコットランドが勝ち抜けます。日本は4トライ以上をとって勝ち点を13とし、スコットランドが3トライ以下での引き分けで勝ち点が12となる時だけがトーナメントに進むことができます。

6.日本が勝利して、スコットランドが負けた場合

  日本は勝ち点4か5を得ます。スコットランドが得ることが出来る新たな勝ち点は0、1、2のどれか、です。つまり、日本は勝ち点12か13となり、スコットランドは勝ち点10、11、12のいずれかになります。この場合、日本がアメリカ戦でトライを4つ以上決めて勝ち点5を上乗せしたら日本はトーナメントに上がることができます。3トライ以下の場合では、スコットランドがトライ数が4以上、7点差以内で敗戦の両方で勝ち点を積み重ねる必要があります。

 これまでの対戦成績などを見ると、南アフリカもスコットランドも両方勝利しそうです。そうなると日本はその時点で8強進出は不可能になります。しかし何があるのかわからないのがラグビーです。試合での疲れも出ています。日本が僅かな望みにかけるには、4トライ以上での勝ち点5の積み上げが必要になりそうです。

 何はともあれ、次回のラグビーワールドカップに向けての最高の飛躍の大会にはなりました。8強に上がれなくても、次のアメリカ戦をしっかりと勝利して、ワールドカップ今大会での3勝を得て欲しいですね。