橋下氏発言の影響~橋下氏はこの危機を乗り切れるのか

橋下大阪市長の慰安婦問題をめぐる発言が波紋を広げています。慰安婦制度を容認するかのような発言は、韓国や中国からの反発を受け、アメリカ軍に風俗業の活用を勧めたという発言は、買春・売春の勧めととられ、アメリカからも反発を受けています。日本でも党派を超えて橋下氏の発言を批判する主張が多くでています。

これまでにも橋下氏は、過激な発言で注目を集めてきました。「失言」といってもいいものもたくさんあります。普通であればすでに失脚してもおかしくないくらいの発言がこれまでにもありました。しかし、敵をつくり、その敵と戦う姿勢をみせることで、「失言」と思えるような発言も人気の源と変えてきました。

今回の「失言」はこれまでとかなり状況が違います。橋下氏を応援してきた人の中にも反発をしている人がかなりいるようですし、橋下氏の人間的評価にも結び付きそうです。

韓国や中国と領土問題を含めて、神経戦を行っている最中でのこの発言。日本への批判の流れをつくり、問題をさらに複雑にしそうです。「慰安婦は必要だった」と強調することは、当然のことながら、慰安婦を正当化する発言ととらえられます。後から「正当化するつもりはない」と弁明しても、その弁明が理解されることはまずありません。韓国・中国を怒らせ、そして日本の立場を悪くさせるものでしかありません。

アメリカも公式に橋下発言を批判しています。沖縄米軍基地をめぐり、日米関係は重要なときです。そこに当然、認められるはずのない主張がくれば、アメリカはそれを徹底的に批判するしかありません。そうでなければ、アメリカ軍が買春・売春を容認していると批判を浴びかねません。橋下氏発言の意図がみえないままに、非常に強いマイナスの影響だけが残ってしまいました。

この一連の発言は、女性への蔑視ともとられます。実際に、女性議員、女性団体、人権団体などは強く反発しています。

これまでの橋下氏の過激発言は、そのいい方は問題があるにせよ、これまでの既得権益を持った人を厳しく批判するものが多かったのです。敵を作り、その敵を無礼だろうと無法だろうと、厳しくやっつけることにより、一般からの支持をとりつけてきたのです。閉塞感のある今の社会を変えてくれるかもしれない、という期待を抱かせるものでもありました。それが、「維新ブーム」ともいえるものを作り出してきたのです。

しかし、今回の発言は、そうした既得権益との戦いの構図には全くなりません。ただひたすらに多くの敵を作り、橋下氏の評価をさげるものとなりました。

まず参議院選挙での影響を考えましょう。これはかなりあると予想されます。メディアも今回の件では、面白おかしく報道するわけにはいきません。ほとんどが否定的な報道です。橋下人気に陰りがある時期でのこの発言だけに、ダメージは大きくありそうです。参議院選挙までにはまだ時間がありますが、これで新たな候補者擁立はさらに困難になるでしょうし、中には立候補を取りやめる人も出るかもしれません。これまでは「失言」がメディアでの露出を増やし、結局は票につながる、ということもありました。しかし今回は、これまでの浮動票を逃がしてしまうかもしれません。この失言で、衆参同時選挙の可能性がさらに高まりました。民主党への批判と失望の声は今でも強く、民主党は大きく議席を減らすとみられています。自民党圧勝の予想がありますが、維新の会がずたずたになると、さらに自民は圧勝します。みんなの党も内部で不協和音が出ています。このままだと、自民党だけが大勝となります。ならば、安倍政権は衆参同時選挙をして、すべてで主導権を握ろうとしても不思議ではありません。この失言問題が長引くなら、維新は相当に大きなダメージを受けます。

橋下氏の維新の会でもポジションも微妙になります。これまではいろいろと不満があっても、橋下新党ともいうべきものでしたらか、不協和音は橋下人気で抑えられていたのです。橋下氏のリーダシップ力が一気に衰える可能性もあります。内部からの批判はこたえます。カリスマとしての橋下氏のイメージが崩れようとしています。

またこの発言が国際問題化したことも問題になります。韓国・中国だけでなくアメリカからもダメ出しをされると、今後、外交問題で主張しようとしてもなかなかスムーズにはいかないでしょう。橋下氏の国際的な発言権が弱くなったことは確かです。

このように考えると、橋下氏発言は、これからの橋下氏や維新の会の活動を妨げるものとなりそうです。

橋下氏が、危機管理能力があるかどうかが、問われています。謝るべきものはしっかりと謝ることが必要です。何を謝り、何を謝らないか。これを間違えると、橋下氏の政治生命が終わりをつげることさえ、あり得る事態です。橋下氏が政治家として大成するかどうか。この「失言」を切り抜けるだけの危機管理能力が問われています。