混合診療とは、公的医療保険で認められた検査や投薬とともに、保険が適用されていない治療法を併用することです。現在は例外的にしか認められていません。

 混合診療に反対な人は、「混合診療を認めてしまうと金持ちしか良い医療が受けられなくなる」という主張をします。本当にそうなのでしょうか。今の状態では、保険適用診療か、自由診療しか選択肢が実質的にありません。新たな有望な診療を受けようとすると、全部自費で診療を受けなければなりません。今の制度では、大金持ちしかよい診療が受けられなくなるのです。

 混合診療によるお金の問題と、薬の安全性の問題は基本的に別個の問題です。混合医療が展開する中で、保険で認められていない薬が多く使われるのは危険だ、という主張は、いわゆる「金持ち診療議論」とは別のものです。保険に認められていなくでもいいと思える薬はあります。もし保険外の薬が危険なものであるなら、自由診療はすべて禁止にすべきでしょう。保険適用診療しか認めない、としなければなりません。

 経済的な面と医療の危険性の問題が混在して議論されているのが問題をややこしくしています。

 基本的な診療については、保険適応ですべてできるようにする。そして、その上で、難病などには追加で自由診療を認めるようにする。このことが本当に医療の崩壊につながるとは思えません。

 混合診療をすることによって、新たな薬の適応は増えるでしょうし、それだけ治験ができるわけで、医療は発展するように思えます。医療が発展するためにも、混合診療の展開は理に適っているように思えます。

 ただ、混合診療の導入を機会に、国が医療費をカットする方向に動き、混合医療が追加のオプションではなく、ほとんどの診療のベースになる可能性は否定できません。ただ、これは、政府の方向をチェックしていくしかないことだと思います。保険適応診療だけでも、医療費をカットする方向に進めることは可能ですし、結局は、医療費カットによる医療の劣化の問題は、国民が見守るしかないのではないかと思います。

 TPPをめぐる議論でも、この混合診療の問題はポイントの一つとしてあげられます。日本の医療がアメリカの医療のように金持ちだけが享受できるものになる、という議論があります。しかし、日本の医療においても相当に問題があることは確か。そこのメスをいれて、日本独自の医療制度を確立することが必要だと思います。