民主党に未来はあるのか~海江田代表「党再生本部(仮称)」を立ち上げる

民主党は、3年余りの政権運営のあり方や先の衆院選の敗北を検証する「党再生本部(仮称)」(本部長・海江田代表)の役員会を開き、実質的な議論をスタートさせました。確かに民主党は選挙の敗北や支持率の低下もあり、他の政党や団体などから嫌われており、内部もガタガタな状態です。非常に厳しいことは確かです。ただ、この「党再生本部(仮称)」の設置は、なんとも官僚的な発想のイメージを与えます。民主党の何が悪かったのかを検証グループが検証しなければならないのでしょうか。その結果が何か意味を持つのでしょうか。

民主党の問題は、調査しなければわからないというたぐいのものではありません。すでに様々に言われていることをどのように考え、方向性を決め、そして最も重要なのはどう実行するか、です。再生本部なんていらない。党幹部が反省に基づいた今後の青写真をだし、それを党員で議論しあうという極めてまともな作業が必要なだけです。まあ、百歩譲って「党再生本部」がそうした作業をする場、と理解しましょう。

私は民主党の再生にはいくつかのキーポイントがあると思っています。

1)まず、リーダーシップです。「党再生本部」をわざわざ立ち上げなければならないところに、実は民主党のリーダーシップの弱さがあるともいえます。鳩山氏、菅氏、野田氏のいずれも党内をまとめることができませんでした。方向性もぐらぐらする中で、党内での支持が薄いことが民主党を袋小路へと追いやりました。海江田氏に今の民主党をまとめることができるのか。民主党の顔としての全権をゆだねるだけの信頼があるのか。今のところ、厳しいことは確かです。海江田氏は、他党との対話・対立やメディアを通じて、強いリーダーシップを示すことが大切です。国民が海江田氏なら何かをやってくれるという期待感をもたせること、それが、党内議員が海江田氏のリーダーシップを認めることにつながります。今の状態をみるとハードルは高そうですね。

2)次に党の方向性を明確にすることです。これは個々の政策を作るということではありません。政策は重要ですが、政策の前の、党の哲学が求められています。これがわからない。ヨーロッパ型の社会民主党的な哲学を持った政党かといえば、まったくそれとは異なる人もいます。それでは第二自民党なのか、といえば、それを嫌がる人もいます。その状態で個々の政策をつくるのですから、あっちへ行ったりこっちへ行ったりとなります。対極に自民党があるのですから、当然、民主党は、労働者の党・生活者の党・弱者を守る党を目指すのが本筋。福祉を充実させ、働きやすい環境を作るというのが普通に考えられること。これをまとめるのを嫌がっていては決して民主党は再生しません。民主党にはいろいろな経緯で入ってきた人がいますから、この基本の方向性を定めることができませんでした。この議論を避けてきたことが、混乱をもたらしたのです。明確な方向性こそ、民主党を民主党して、再生させる最大のポイントです。今の段階では党内融和は求めるべきではありません。党内融和を先行させるために、方向性の議論をさけてきたのですから。。。

3)国民、そして市民グループとの対話と協働も重要なポイントです。民主党は市民グループを育てる党のイメージで発展してきました。しかし、政権をとってからどこまでそれが進んだのか。むしろ裏切られたと感じる市民グループは多いのではないかと思います。国民の政治参加も3年半であまり進んだという感がありません。結局、旧自民党時代と同じような展開になりました。原発問題でも、国民投票をしたらどうですか。憲法でも国民投票をしたらどうですか。国民が主体となることが、今の日本に最も求められているもの。この方針を徹底的に行う党となるべきです。3年半のチャンスはすでに消えました。もう一度、その期待を感じさせるような対話と協働の党に生まれ変わってほしいのです。政権をとってから、私は国民から離れた傲慢さを感じました。その傲慢さをもう一度捨てて、国民に最も近い政党になれるかどうか。

4)政策組織をしっかりとさせることも重要です。その政策は、2でいう党の方向性との整合性が求められます。外部識者らとの連携ももっと必要でしょう。政治家の発想から脱却しないと日本の再生計画は作れません。その意味で、日本の多くの分野の人や組織と一緒に政策を考えることが求められます。広範なネットワークこそ、民主党が武器とするべきものです。

5)国際的な視野も民主党が民主党として再生するためのキーワードです。政権を離れ、自由な時間ができました。中国とのパイプ、韓国とのパイプ、アメリカとのパイプ、ロシアとのパイプ、EUとのパイプ、インドとのパイプを作っておくことが必要です。このパイプが日本の財産となります。国内を向いていただけでは新たな展望は見いだせません。海外の有力者と一緒になって新しい世界構想をする。そうした気合が求められます。

このように私は考えます。う~~ん。今の民主党にはかなりハードルが高そうです。この高いハードルを乗り越えることができるかどうか。乗り越えることなく、自民がまた躓いて、たなぼたで民主の天下が再度来るというのが、日本の最悪のシナリオです。これだけはないように、自民にも頑張ってもらわないと。。。