withコロナ時代の音楽の幕開け:Tokyo Jazzからみた「ライブ」の可能性

デジタルなライブ視聴がスタンダードに?(写真:アフロ)

withコロナ時代の音楽

 今、音楽をめぐる世界が大きく変動しています。アーティスト/オーディエンスや、生産・流通・消費という既存の音楽を支えていた生態系が、新型コロナウィルスという隕石の衝突によって大いなる損失を被るとともに、新しい循環へと脱皮していこうとするエネルギーが噴出している状況をみてとることができます。そのスピード感は目覚ましいものです。

 

 しかし、この大きな変革は、膨大な産みの苦しみを伴うものでもあります。

 東京都の休業要請緩和に向けたロードマップでは、音楽を草の根で支えてきたライブハウスや劇場、ライブバー、音楽スタジオなどは4段階の緩和措置の最終段階に位置しています。

東京都/休業要請緩和「ロードマップ」発表4ステップ提示

 「通常」の経済活動は再開に向けて弾みをつけていますが、音楽や芸能に関わる多様な人々は、ライブ演奏や集団でのレコーディングなど、「三密」状態をこれからしばらく避け続けなければならないでしょう。このことからもわかるように、様々な生産活動のなかでも、こと音楽や芸能に関連する分野は(補償などの経済的救済も含めて)対応が後手に回っています。まずは人々の生活と経済活動を優先し、「娯楽」としての「歌舞音曲」は後回しでいいだろう、そのような思想が見え隠れします。

 一方で、音楽や芸能に関わる人、それらを享受する私たちにとって、「歌舞音曲」は大変に大きな意味を持つものです。特に業界関係者にとっては死活問題でもあり、またライブを心から愛する人々にとっては、生活の核を奪われてしまったかのような寂しさも伴うものでもあります。音楽は、私たちに生きるエネルギーを与え、また傷ついた心のケアをも担う、日々の生活にとってとても重要なものでもあるのです。今私たちに何ができるのか、本気で考えなければならない時期なのです。

音楽をめぐる新たな胎動

 そのようななかで、音楽を支える業界の人々が、最新のデジタル技術を駆使しながら、新たな音楽文化の創造に急ピッチで取り組みはじめました。少なくとも、アーティストが音楽を創造していくための環境整備や、それを配信していくための技術、またリモートでのセッションの可能性や、配信後のマネタイズの方法論など、あらゆる方法がすごいスピードで新たに開発され、旧来の方法論を刷新・改善されていく様子をみてとることができます。例えば音楽創作の場では、オンラインでコラボレーションをしながら楽曲の制作に携わっていくリモート・ソングライティングの環境整備が3月には始まっています。

作曲家、作詞家は、誰が支援するのか? コロナ禍で変化する音楽制作の未来

 ライブの配信に関しては、YouTubeなどの動画配信サービスやインスタグラムなどのSNSを使った視聴空間が増大し、それに伴うチケット販売の方法や「投げ銭」などのマネタイズの方法が次々と実現しています。例えば有料ライブ配信のプラットフォームとしては「fanistream」の提供が大きな話題を呼びました。

エンタメは止まらない! 有料ライヴ配信サービス『fanistream』仕掛け人に聞く、その可能性

 これまでライブ配信のサービスを提供してきたSHOWROOMは、有料のライブ配信のための新たな機能をリリース、オンライン・ライブの収益化に向けて舵を切っています。

SHOWROOMに有料ライブ配信機能 新型コロナで苦境の配信者に収益化手段を提供

 サブスクリプション・サービスを基盤として、アーティストの収入源の確保を可能にする「パトレオンPatreon」も、その「パトロン(利用者)」の数はすでに世界180カ国以上400万人以上に上がっているという活況です。

音楽活動で安定収入を。Patreon、利用者が急増。コロナウイルスの影響を受けて

 また、プロモーション映像の世界では、個別のスタジオや部屋での撮影をつなぎ合わせて同期させていく「リモートMV」を制作し配信するアーティストが次々と登場しています。

 このような動きは、おそらく4月頃までは「とりあえずの急場しのぎ」と捉えられていたようですが、コロナ状況の悪化と「緊急事態」の延期は、このような技術的刷新を本格化させ、もはや後戻りできないどころかこれからの音楽業界のスタンダードにまでなっていくと予想されます。

音楽空間の持つ意味

 そもそもこれまでの音楽業界の戦略とはどのようなものだったでしょうか。グレイトフル・デッドのマーケティング方法を出すまでもなく、レコードやCDアルバム(シングル)などのパッケージ化された「モノ」としての商品で採算を取るのではなく、それらを限りなくフリーに流通させながら、(ライブやフェス、握手会、トークショーなどの)「コト」としての経験によって収益を上げていくような仕組みが構築されてきました。したがって、YouTubeなどで視聴できるデジタルコンテンツは、あくまでもプロモーション用のサブキャラであり、実際のライブ経験やアーティストとの触れ合いこそがマネタイズのメインを構成してきたとも言えます(もちろん全てのジャンルに当てはまるものではありませんが)。

 しかし、withコロナの時代には、このコトとしての経験が得にくいものになり、プレミアがつくものになっていくと予想されます。パソコンやテレビの画面では得ることのできない臨場感や、他のオーディエンスとの触れ合い、身体に響く爆音や、アーティストと空間を共有しているという幸福感。私たちは、音楽をコンテンツとして消費することに長けてきた一方、音楽空間における言葉にならない要素たちを享受する経験主義者にもなっていたということです。コロナ禍は、その音楽空間の持つ重要な意味を、今一度私たちに問いかけ、再考を迫ってきます。

オンライン・オフラインの間で

 このように、オンラインにおけるモノ消費と、オフラインにおけるコト消費の二分化が進んできた現在、withコロナ時代は双方を架橋するための方法を模索することが最大の関心事となります。デジタルで、リモートで、リアルタイムの配信だったとしても、以前の音楽空間の持っていた価値には敵わない。それをどこまで満足いくものとして再現することができるのか。アーティスト/オーディエンスの双方向的なコミュニケーションをどこまで可能にできるのか。音楽は耳だけで聴くものではなく、五感をフル活用して楽しむものであるのなら、それを先端技術はどこまで補填することができるのか。デジタル配信からどれほどの収益を上げることができるのか。このようなことを目指し、新たな音楽空間の創造が多様な人々によって本格化したというのが、ここ最近の状況といえるでしょう。もちろん、以前からこのような動きはありましたが、これほど急速な技術開発が推進されているのも、コロナ禍(のおかげ?)であるといえます。

Tokyo Jazz +Plus 2020が見せてくれたもの

 そのようななか、これからのデジタルなライブ空間の行く末に、大掛かりな形で最初に口火を切ったのが、「Tokyo Jazz +Plus 2020」だったのではないかと思います。5月23、24日の両日、YouTube上で繰り広げられた世界でも最高峰のJazz Playerたちの数々の演奏は、ライブをチケットを入手した人だけが楽しめるものから、画面を通じてフリーで、しかも世界のどこからも聴取できる新時代のライブ/コンサートへと転換していくような予兆を感じさせるものでした。

Tokyo Jazz +Plus 2020

 その多くは、著名アーティストのメッセージ&ライブ録画や過去のライブ映像によって構成されていたものの、初日ではジャズピアニストの小曽根真氏のリアルタイム・ストリーミングをはじめ、上原ひろみとジョシュア・レッドマンのリモートセッション、ジャズ作曲家の挾間美帆によるリモートMVのようなハイクオリティなセッション動画など、二日目ではOvallによる無料配布トラックを利用したミキシングやリアルタイムで制作されるライブアートなど、このような状況下でなくては見ることのできなかった次世代の音楽経験を豊富に組み込んでおり、心から楽しめるものになっていました。

 出演予定者のビデオメッセージと過去の映像でお茶を濁すようなことは最小限に抑え、仮にそれが事前に録画されたものであったとしても、シームレスにインタビューから演奏につながるような工夫がなされていました。あらゆるリモート技術を駆使した、ライブ感を演出するための努力を感じさせる、攻めた内容に感服せざるを得ませんでした。

 ただ一点惜しまれたのは、リモートでのセッションをリアルタイムで配信する試みだけがなされなかったことでしょうか。ライブ中継で見ることができたのはトークとソロ演奏のみで、その他のリモートセッションは録画形式のものに限られていました。同期型セッションの生配信は技術的に可能なはずですが、その辺りは失敗が許されないNHKの社風から来るものか、残念ながらそのような実験は行われませんでした。

 また、ソロの演奏中継やリモートセッションの録画の画面構成のクオリティが高まれば高まるほどMV化し、ライブ感が失われてしまうという逆転現象も起きているように感じました。数々の試みに敬服するとともに、これからの課題も明確に提示された、大変貴重な機会だったと思います。

「音楽」とはそもそも?

 緊急事態が(段階的ではありますが)緩和され、いつしかまた我々は生のライブ空間にも(多少の不安を抱えつつ、かつ万全の対策を講じた上で)戻っていくでしょう。初日の上原ひろみさんの言葉、「やっぱり私は生のライブが好き」「同じ空間で人のエネルギーを感じてライブがしたい」という言葉は重くのしかかります。しかし一方で、現在行われているオンラインでのライブ技術の刷新は、ライブ鑑賞の可能性を限りなく拡張していくものでもあり、これを経験してしまった我々は、すでに新たな選択肢を手に入れてしまったという意味で、後戻りできない世界に足を踏み入れてしまいました。「生」のライブ空間で私たちは何を経験していたのか、言葉にすることのできない価値に本気で向き合いながら、「オフライン」と「オンライン」の交差する場で生み出される新たな音楽文化の可能性を模索する時代の幕開けに、私たちは臨んでいます。そのことは、「音楽とは何か」という根元的な命題を課されたということでもあるのでしょう。今後の動きを注視していきたいと思っています。

※こうした動きをできるだけ敏感にキャッチし、今後も皆さんにお伝えすることができればと考えています。最新の情報はFacebookの「ポスト・コロナにおける音楽について考えるグループ」でもシェアし続けますので、ご興味のある方はぜひご登録ください。