小西公大

東京学芸大学准教授
 1975年生まれ。2009年東京都立大学社会科学研究科博士課程修了。博士(社会人類学)。東京大学東洋文化研究所特別研究員(PD)、東京外国語大学現代インド研究センター研究員を経て現職。専門は文化/社会人類学、南アジア地域研究、芸能論。長期のフィールドワークを基盤とし、インドや日本の社会空間の変容、モダニティの諸相の顕在化過程、新たな共同態の可能性などについて研究している。著作多数。全国のフィールドワーカーをつなぐ、NPO法人FENICS理事。地域開発の実践と結びついた研究集団「生活文化研究フォーラム佐渡」運営。