メジャーリーグは6月21日(日本時間22日)の試合から、投手による粘着物質などの異物をボールや用具に塗布する行為の取り締まり強化を開始。全投手を対象に審判員による試合中の取り調べが行われ、ロサンゼルス・ドジャース戦に先発したサンディエゴ・パドレスのダルビッシュ有も2度、取り調べを受けた。

 「初めてのことなので、何もないのはもちろんわかっていましたけど、緊張はしました」と振り返ったダルビッシュは、1回と4回を投げ終えてベンチに戻る途中で審判員から取り調べを受けた。

 審判員に向かって手の裏表を見せ、帽子とグローブも審判に渡して確認された。

 メジャーリーグでは投手が高粘度の物質をボールに塗ることで、ボールの回転数が上がり、打者を抑えるケースが増えている。今季は歴史的な投高打低となっており、この傾向に歯止めをかけるために、メジャーリーグ機構はシーズン中に異例の規則変更を導入して、全投手を対象とした試合中の取り締まりを導入した。違反者には退場処分と、10試合の出場停止処分が科される。

審判員にグローブと帽子をチェックされるダルビッシュ有(写真:三尾圭)
審判員にグローブと帽子をチェックされるダルビッシュ有(写真:三尾圭)

 違反物質は使っていないと主張するダルビッシュだが、メジャーリーグの公式データによると、この日は投げた6球種の平均回転数が全て今季平均よりも100回転以上もダウンしていた。

6月21日ドジャース戦でのダルビッシュ有の球種別回転数。全6球種全ての回転数(Avg)が今季平均(Yr-Avg)よりも100回転以上もダウンしている(BaseballSavantより)
6月21日ドジャース戦でのダルビッシュ有の球種別回転数。全6球種全ての回転数(Avg)が今季平均(Yr-Avg)よりも100回転以上もダウンしている(BaseballSavantより)

 今季の平均回転数(Yr-Avg)が2788回転のスライダーは、この試合で19球投げて、最高2617回転、最低2439回転の試合平均2521回転で、今季平均よりも267回転も少なかった。

 投球の半分以上を占めたカッターも今季平均に比べて154回転減少した。

回転数は減少も、球速はアップ

 ダルビッシュの投球回転数は軒並みにダウンしたが、平均球速は全てアップ。今季平均94.8マイルの4シームは最速97.5マイル、最遅でも94.4マイルの平均96.5マイルを計測して、今季平均より1.7マイル速く、スライダーは1.8マイル、シンカーも1.6マイル速かった。

6月21日ドジャース戦でのダルビッシュ有の球種別平均スピード。全6球種全てで試合平均(Avg)が今季平均(Yr-Avg)を上回った。(BaseballSavantより)
6月21日ドジャース戦でのダルビッシュ有の球種別平均スピード。全6球種全てで試合平均(Avg)が今季平均(Yr-Avg)を上回った。(BaseballSavantより)

 回転数は落ちたが、スピードが上がったボールに対して、「今日は4シームがすごく良くて、カッターも良かった。全体的にすごく良かった」とダルビッシュは手応えを感じていた。

 パドレスのジェイス・ティングラー監督も「彼はとても良かった。全ての球種が素晴らしく、変化も鋭かった。空振りの少ないドジャース打線を相手に多くの空振りを奪っていたことからも、彼の球の威力がうかがい知れる。多くの武器を持った投手だ」とダルビッシュの投球を褒め称えた。

 昨年の世界一チームを相手に6回を投げて2安打、1失点、11奪三振と好投。唯一の『ミス』は3回にムーキー・ベッツにシンカーを打たれたソロ本塁打だが、「うまいこと打ったと思う。球種の選択ミスではないので、僕としては後悔はないです」とダルビッシュの失投ではなく、2018年にMVPにも選ばれているベッツの凄さが発揮された技ありのホームランだった。

 『スパイダータック』と呼ばれる粘着物質を使っていた投手は、これから成績が著しく落ちそうだが、この夜に最高のピッチング・パフォーマンスを披露したダルビッシュは、これからもメジャー・トップクラスの投球を続けていくことだろう。

回転数は下がったが、昨季覇者のドジャース相手に最高級のピッチングを披露したダルビッシュ有(写真:三尾圭)
回転数は下がったが、昨季覇者のドジャース相手に最高級のピッチングを披露したダルビッシュ有(写真:三尾圭)