NFLバッカニアーズのアリアンズ監督がグロンコウスキーのWWEベルト強奪を予告!

タンパベイ・バッカニアーズのブルース・アリアンズ監督(写真:USA TODAY Sports/ロイター/アフロ)

 世界最大のプロレス団体、WWEの24/7チャンピオンのロブ・グロンコウスキーはNFL選手としての現役復帰を表明してニューイングランド・ペイトリオッツからタンパベイ・バッカニアーズへ移籍して、ペイトリオッツで3度のスーパーボウル優勝を成し遂げたトム・ブレイディと一緒にプレーする。

 ホスト役を務めた今春のレッスルマニアでは、いつでもどこでもタイトルを防衛しないといけない24/7のチャンピオンとなり、9月に開幕予定の今シーズンは現役WWE王者としてNFLのフィールドでプレーすることを狙っている。

 24/7のベルトはいつでも誰でも強奪が可能で、WWEのレフリーが3カウントを打てば新王者が誕生する。

 「チーム・ミーティングを終えて、ミーティング・ルームから出るときには、廊下の左右を見て誰もいないことを確認しないと……。そんなとき、アリアンズ監督が突然現れて、俺にエルポーを喰らわせて3カウントを奪い、24/7の新王者になるなんてことも……」とグロンコウスキーは自分のポッドキャストで危惧したが、アリアンズ監督は王者を奪うチャンスを虎視眈々と狙っている。

 ESPNの番組にゲスト出演したアリアンズ監督は、「グロンクは周りをよく見渡して気をつけた方がいい。私が彼からベルトを奪うかもしれないからね」とグロンコウスキーを牽制。

 今春のレッスルマニアは無観客開催となったためにバッカニアーズの本拠地のレイモンド・ジェームズ・スタジアムからWWEトレーニング・センターに舞台を移したが、今夏にもレイモンド・ジェームズ・スタジアムのフィールドにてWWEの王者交代劇が起こるかもしれない。