【羽生結弦FSフォトギャラリー】羽生、今季初戦で金メダルも「もっと強くなりたい」

FS終了直後に悔しさを吐き出す羽生結弦(三尾圭撮影)

  フィギュアスケートのオータムクラシックがカナダのトロント郊外で開催され、9月22日(日本時間23日)は男子のフリー(FS)が行われた。

 平昌五輪でオリンピック2連覇を達成した羽生結弦。五輪で歴史を作った羽生は、新しいプログラムと衣装を引っ下げて、新シーズン幕開けとなるオータムクラシックに参戦。FSでは2度ジャンプに失敗して2位の165.91点と得点は伸びなかったが、21日のショートプログラム(SP)と合わせて263.65点で優勝を飾った。

 

黒と金色を基調としたコスチュームを身に纏って、演技直前にフォームアップをする羽生結弦(三尾圭)
黒と金色を基調としたコスチュームを身に纏って、演技直前にフォームアップをする羽生結弦(三尾圭)

 羽生が「スケートに没頭する始まり」だったと言うエフゲニー・プルシェンコが演技した『ニジンスキーに捧ぐ』を原曲としてアレンジしたもので『Origin/オリジン』と名付けられた今回のFS。

 「自分のスケート人生の始まり、起源、根源的なものを感じながら滑りたい」というFSは、しゃがみ込み、両腕を大きく広げた体勢からから始まる。

 

しゃがみ込み、両腕を大きく広げた体勢から羽生結弦の新FS「Origin」は始まる(三尾圭撮影)
しゃがみ込み、両腕を大きく広げた体勢から羽生結弦の新FS「Origin」は始まる(三尾圭撮影)

 

羽生結弦の新FS「Origin」は自身が練習の拠点とするカナダのトロントから近いオークビルで開催されたオータムクラシックが初披露の場となった(三尾圭撮影)
羽生結弦の新FS「Origin」は自身が練習の拠点とするカナダのトロントから近いオークビルで開催されたオータムクラシックが初披露の場となった(三尾圭撮影)

 

羽生結弦の新FS「Origin」は空に向かって左手を力強く突き上げるポーズで終わる(三尾圭撮影)
羽生結弦の新FS「Origin」は空に向かって左手を力強く突き上げるポーズで終わる(三尾圭撮影)

 演技が終わった直後の羽生は、満足行く演技ができなかった悔しさをなにか言葉にして吐き出し、片膝をついて苦しそうな表情を見せた。

 「本当に、ただ単に自分の実力不足が出ているなという感触がありました。これから練習して、しっかりとこのプログラムの構成に耐えうる体をつくらなくてはなと思います。これがまだ自分の実力だと思うので……。実力以上のものは演技には出ません。しっかりとこの悔しさを感じながら、次戦に向けてがんばっていきたい」と羽生の中ではまだ未完成の「Origin」を理想の形に近づけていくと誓った。

 

 

演技直後に膝をついて苦しそうな表情を見せる羽生結弦(三尾圭撮影)
演技直後に膝をついて苦しそうな表情を見せる羽生結弦(三尾圭撮影)

 

演技終了後に報道陣の質問に答える羽生結弦(三尾圭撮影)
演技終了後に報道陣の質問に答える羽生結弦(三尾圭撮影)

 「これまでは期待に応えるため」にスケートをしていた部分もあり、「プレッシャーもすごくあった」と言うが、五輪二連覇によってそのプレッシャーにも打ち勝ち、「これからは自分のために滑りたい」と子供の頃に「スケートが(純粋に)楽しかった」ときに憧れの存在だったプルシェンコのプログラムを羽生なりにアレンジしたのが「Origin」。プルシェンコのコピーではない、羽生結弦にしか表現できない唯一無二のプログラムに育て上げていくつもりだ。

 

表彰台の上で年下のスケーターに囲まれて笑顔を見せる羽生結弦(中)(三尾圭撮影)
表彰台の上で年下のスケーターに囲まれて笑顔を見せる羽生結弦(中)(三尾圭撮影)

 羽生がプルシェンコに憧れて五輪2連覇の偉業を成し遂げたスケーターに成長したように、今度は羽生の「Origin」を見た子どもたちが羽生を超えるスケーターに成長していく。それができたときに、「歴史を作る感がある」と言った羽生の言葉が現実となる。

 「若いスケーターたちの記憶に残るような、目指したいなと思うような演技ができるようにしていかなくてはいけない」

 

羽生結弦が「自分のためにスケートをする」ことが、スケート界全体の発展に繋がり、歴史を変えていく(三尾圭撮影)
羽生結弦が「自分のためにスケートをする」ことが、スケート界全体の発展に繋がり、歴史を変えていく(三尾圭撮影)

 羽生結弦の「Origin」はまだ生まれたばかりで、ここから無限の可能性を感じさせる。