指導者報酬はハウマッチ? アメリカ学校運動部

インディアナ州の外部指導者向けハンドブック

米国の中学や高校は、日本と同様に学校単位で運動部活動を行っている。

日本の運動部顧問に相当する指導者は「コーチ」と呼ばれている。コーチにはその学校の教員もいれば、教員以外の外部の人もいる。ただし、運動部活動の指導においては内部教員、外部指導者とも同じ権限が与えられ、同じ責務を担う。日本のように学校の教員が顧問として立ち合い、外部指導者が技術指導を担当するということはない。外部指導者でもその運動部のコーチに就任している限りは、内部教員の立ち合いなしに指導し、引率することができる。

人事の要はアスレチックディレクター

米国の学校には各運動部コーチのボスに当たる人物がいる。校長の下の管理職で、全運動部活動を管理するアスレチックディレクターだ。筆者の取材したいくつかの高校では、アスレチックディレクターが副校長を兼任していたり、体育科主任が兼任していたりするところもあった。過去に運動部指導経験があり、スポーツ指導に詳しいことが求められるポジションである。

アスレチックディレクターは運動部の指導者人事も担当する。一般的な公立校では、まず、内部教員から運動部活動指導の適任者を募る。内部の教員だけで指導者が埋まらない場合は、外部へも募集をかける。学校や教育委員会のホームページから広く募集を呼びかける。

内外部からの応募者に対して校長とアスレチックディレクターとで面接にあたる。子どもと接する仕事だけに、スポーツ歴だけでなく、指導歴、人物などを重要視。外部指導者の採用にあたっては教員採用と同様に教育委員会による経歴、犯罪歴確認をする。指紋採取を求めるところもある。

筆者が取材した公立中学校では、学年度末に近い5月になると、教育委員会から各運動部指導者へ向けて「来年度も指導者として採用する」と通告がある。その時点で指導者側が何らかの都合で来年度の指導ができない場合は、その旨を伝える。指導者のポジションが空く場合には先に述べたようにアスレチックディレクターが内外部から指導者を募る。

指導者講習、ガイドライン

運動部のコーチに就任すれば、内部教員であろうと、外部指導者であろうと同じ仕事をすることは先に述べた。各州の高校体育協会や連盟では、運動部のコーチに対して、安全講習やルール、競技規則講習の受講を義務付けている。これらも内部教員、外部指導者とも受けなければいけない。

学校単位ではアスレチックディレクターが中心になり、活動規則を設けており、これも内部教員、外部指導者とも同じように遵守しなければならない。内部教員、外部指導者にかかわらず、生徒や保護者が、指導に不満があるときや不適切な指導が行われていると感じた場合には、この活動規則と照らし合わせ、アスレチックディレクターに指導者や指導内容を調査をしてくれるよう申し入れることができる。実際に不適切指導があった場合には、アスレチックディレクターの判断でコーチ職からコーチを解任する。

コーチの報酬はハウマッチ?

米国でも私立のアメリカンフットボール強豪校などでは指導者に対して教員を上回る報酬が支払われているケースがある。フルタイムとして雇用されているコーチには数万ドルの給与が支払われている。しかし、筆者が何人かの外部指導者に取材し、公開されているコーチ報酬額の資料を集めたところでは、一般的な公立校運動部コーチの報酬は、教員年収の10%程度が相場のようだ。内部教員、外部指導者ともにコーチとしての報酬が支給される。金額は市町村単位の各教育委員会で定めている。

公開されている指導者報酬の一例
公開されている指導者報酬の一例

2012年の米国高校教員の年収の中央値は約5万5000ドル。運動部のコーチ報酬の相場は5000ドル程度のようだ。米国の運動部はシーズン制であることから、各部の活動期間は3カ月程度。年間ではなく、1シーズンの指導に対して5000ドル程度の報酬が支払われる。例えば、同じ指導者が、秋シーズンには陸上長距離部を指導し、春シーズンの陸上短距離部を指導すると年間で1万ドル以上の指導者報酬を得ることもできる。また、指導経験年数やヘッドコーチかアシスタントコーチかによって、報酬に差をつけている教育委員会もある。

画像

もちろん、米国人の指導者もシーズン外にも活動の準備や後始末のために時間を割いているので、シーズン期間だけの報酬とは言い切れない面もある。それに教員の年収の10%程度の報酬は、それだけで生活できる金額ではないので、夕方の時間を空けられる職業を持った人や、すでにセミリタイアした人、定年退職した元教員などが外部指導者となっているケースが多い。

こういった指導者報酬の財源となっているのは主に公的な教育予算で、参加する生徒たちから徴収した参加費、地域企業からのスポンサー費なども運動部活動の財源となっている。

なぜ、米国の学校運動部には指導者やアスレチックディレクターを雇用するだけの予算がつくのか。ある高校のアスレチックディレクターは「アメリカではスポーツは教育の一環と考えられている」と答えた。日本でも部活動は教育の一環と考えられているが、日米の運動部活動を取り巻く環境にはいくつもの違いがあるようだ。