岸田浩和

ドキュメンタリー監督 映像記者
メーカー勤務を経て独立。株式会社ドキュメンタリー4を立ち上げ、ニュースメディア向けの映像取材や、企業プロモーション向けのドキュメンタリー制作を行っている。少人数で撮影と編集を一貫制作するビデオグラファースタイルの撮影が特徴。近年は、ミャンマー、ナイジェリアなど、海外辺境で活躍する日本人や在日外国人の暮らしに焦点を当てた取材を行っている。近作の「SAKURADA Zen Chef」は、New Yorkフード映画祭(2016)で最優秀短編賞と観客賞を受賞した。関西学院大学、大阪国際メディア図書館では、映像制作の非常勤講師をつとめる。