19日、東京ドームでTHE MATCH 2022が行われ、キックボクシングの神童と呼ばれる那須川天心(23=TARGET/Cygames)とK-1のカリスマ武尊(30=SAGAMI―ONO KREST)が戦った。

試合の展開

試合会場となった東京ドームは、観客数5万6000人を超える超満員となり、天心と武尊が入場すると大歓声で迎えられた。

試合は1ラウンド目に天心がカウンターでダウンを奪い、そのまま試合を有利に進め、3-0の判定で勝利した。

高い技術力を見せた天心だったが、中でも際立っていたのはジャブだ。ノーモーションジャブを、武尊のガードの隙間を狙い打ち込んでいた。

試合後のインタビューでも、ジャブを主軸に作戦を練ったと話していた。

「いくつかパターンを用意していて、右のジャブがキーポイント。相手のセコンドの声を聞いて、ジャブを強く打ち込み前進を阻止した」

さらに今回の試合では6オンスのグローブを着用したことで、天心のスピードをより速め、パンチを見えにくくしていた。

天心は、武尊が入ろうとするところに効果的にジャブがヒットさせ、勢いを止めていた。

武尊はファイタータイプの選手だが、1Rでダウンを奪われた天心のカウンターを警戒し攻めきれなかった。

ボクシングでの可能性

天心は試合後のインタビューで「武尊選手がいたから強くなれた。今までで一番プレッシャーを感じたが、その中で勝ち切れたのは大きい」と話していた。

プレッシャーも想像以上だったようだ。「負けたら死ぬくらいのつもりだった」と衝撃的な発言もあった。

私は現役時代に所属していた帝拳ジムで、天心とスパーリングをした経験がある。キックボクシングでパンチを活かすために15歳の時から練習に来ていた。

私は当時日本チャンピオンだったが、まったくパンチが当たらず焦りを感じた。

天心のボクシングスキルで特に優れているのは、パンチを見切る能力だ。

今回の試合でも武尊の猛攻を交わし、ほとんどクリーンヒットはなかった。逆に天心は、ジャブやカウンターなどをヒットさせポイントを取っていた。

ダウンを奪ったカウンターも、天心のパンチが先に当たっていた。天心は「ダウンを奪った左は、練習の時に確認していたパンチで、(武尊パンチが)ゆっくり見えた」と話している。

パンチを見切る能力は生まれ持った才能でもあるが、その多くは実戦経験によって培われる。

幼少期から空手に親しみ、キックボクシングに足を踏み入れてからは46戦46勝(32KO)の戦績を残し、絶対王者として君臨し続けてきた。

その集大成として、王者の貫禄を見せつけた試合だった。

ボクシングでのライバル

試合直後には「全てから解放されて一回休みたい。格闘技を考えない日々を送りたい」と話していた。

この試合を最後に一度区切りをつけて、ボクシングに転向するつもりのようだ。

デビュー時期は未定だが、帝拳ジムに所属する可能性が高い。世界王者になるためにジムの環境は大切だ。

ライバルが多くサポートに優れたジムは、世界王者への近道になる。

階級はスーパーバンタム級からフェザー級あたりを主戦場としていくのではないだろうか。

近い階級では、現在バンタム級の3団体統一王者の井上尚弥が、来年にはスーパーバンタム級に転向する。

他にもK1から転向した武居由樹や、アマチュアボクシング界から電撃デビューした堤駿斗など、国内でもタレント揃いだ。

世界的にも激戦階級でライバルは多い。

キックボクシングでは、対戦相手がなかなか決まらず苦労したこともあったが、ボクシングではその心配はないだろう。

ボクシングとキックではルールが異なるため、ボクシングに体を慣れさせるためにも時間は必要だ。しかし、高いポテンシャルを持っているため、そう時間はかからないだろう。

ボクサーとなった天心の新たな挑戦に期待したい。