14日、ボクシング3階級王者の井上尚弥(28=大橋)が、後楽園ホールで行われたWOWOWの30周年記念イベントに出演し、4階級王者の井岡一翔(32=志成)とのドリームマッチに興味を示した。

井上尚弥と井岡一翔

井上は、イベントで井岡について聞かれると「自分もキャリア後半に入るし、どこかで耳にした(井岡の)5階級制覇を目指すというコメントも期待しつつ、自分もそこに向けて2022年は発言していってもいいかな」と語った。

井上尚弥と井岡一翔は日本を代表する世界王者だ。

井上は、高校生史上初のアマ7冠を引っ提げ2012年にプロデビュー。そこから4戦目で日本王者になり、わずか6戦目で世界王者になった。

ライトフライ級から、フライ級を飛び越えスーパーフライ級、バンタム級と階級を上げ、3階級制覇を達成。現在はIBFとWBAのベルトを保持している。

軽量級とは思えないパンチ力を持ち、これまでの戦績は22戦全勝(19KO)とパーフェクトレコードだ。

全階級を通じて最も強い選手を格付けしたパウンド・フォー・パウンドランキング(PFP)で、トップ5に選出されている。

一方、井岡一翔は2009年にプロデビューしてから、6戦目で日本王者、7戦目で初の世界タイトルを獲得している。

ミニマム級からライトフライ級、フライ級、スーパーフライ級と階級を上げていき、日本人初となる4階級制覇を成し遂げた。

戦績は30戦28勝(15KO)2敗。精密なボクシングスタイルで、数々の偉業を達成してきた。

日本人ボクサーの歴史を作ってきたといっても過言ではないだろう。

井岡も、井上と同様にパウンド・フォー・パウンドランキングに選出されている。

階級も近いライバルとして、井上が井岡について話したのは今回が初めてではないだろうか。

戦ってみなければわからない

井上は井岡との対戦について「デビューしてからファンの方から「楽しみにしている」という声を聞いている。盛り上がるのであればありかな」と話している。

両者はデビュー時期や階級の違いから、拳を交える機会はなかった。

バンタム級でも減量がキツイ井上と、スーパーフライ級で余裕のある井岡では、階級の差は大きい。

しかし、対戦が決まれば大きな話題となり、ボクシング界も大いに盛り上がるだろう。

評価の上では、圧倒的なパフォーマンスを発揮している井上有利の予想が多い。しかし、ボクシングは戦ってみなければ分からない。

2020年の年末に行われた世界戦では、井岡一翔が3階級王者の田中恒成(26=畑中)と戦った。

戦前の予想では、若さと勢いがある田中が有利という声が多く聞かれたが、蓋を開けてみれば8ラウンドTKOで井岡の圧勝だった。

ボクシングは単純にパワーやスピードだけではない。特に井岡のボクシングは、相手の持ち味を消すスタイルだ。

井岡と対戦した田中恒成は「距離の作り方や駆け引きが想像以上に優れていて、ボクシングという競技をとてもわかっていた」と話していた。

対戦した選手しか分からない強さを井岡は持っている。

今後の両者

大きな話題となっているが、現時点では両者が対戦する可能性は限りなく低いだろう。

井上はバンタム級の統一に向けて、WBC、WBOの王者との対戦を求めている。

統一の先には階級を上げ、来年にはスーパーバンタム級で戦っているかもしれない。

また、井岡一翔はIBF王者のヘルウィン・アンカハス(フィリピン)との対戦が内定している。

その先には、WBC&WBAのベルトを持つファン・フランシスコ・エストラーダ(メキシコ)との対戦を見据えている。

そのため両者が交わることはないだろう。

しかし、井上は昨年、元世界王者の比嘉大吾(26=志成)とエキジビションマッチで戦っている。スパーリングではあるが、最後にはヘッドギアを外し本番さながらの雰囲気で戦った。

そのような試合であれば拳を交える可能性はあるだろう。

パワーVSテクニック、特徴が違う2人なだけに、どんな展開になるか想像するだけでも楽しみだ。

日本ボクシング界を盛り上げてきた井上と井岡、両者の対戦が実現する日は来るのだろうか。