最強ランキングトップのクロフォードが衝撃KO「次はパッキャオとやりたい」

(写真:ロイター/アフロ)

WBO世界ウェルター級王者テレンス・クロフォード(33=アメリカ)が、ラスベガスのMGMグランド・カンファレンスセンターで元IBF世界同級王者ケル・ブルック(34=イギリス)を相手に4度目の防衛戦を戦った。

序盤はブルックがペースを掴む

両者がリングに上がると、まず体格差が目立った。

下の階級から上げてきたクロフォードに対し、ブルックは2つ上の階級のミドル級で戦っていた。

両者の体格を比較すると身長173cm(リーチ185cm)のクロフォードに対し、ブルックは175cm(リーチ175cm)と身長は変わらない。

しかし体はブルックが厚く、ふたまわりほどブルックが大きく感じた。

試合が始まるとお互い慎重な立ち上がりで膠着状態が続いた。手数は少なかったがブルックのパワーパンチが目立ちペースを握っていった。

なかなかペースが掴めないクロフォードは、オーソドックスからサウスポーへとスイッチしながらサイドに動く。

ときおり中に入ろうとするが、ブルックの懐の深さと強い右を警戒し入り切れず、様子をみながら戦っていた。

衝撃のKO

ブルックが優位のまま、第4ラウンドに突入した。

両者が見合いブルックが入ろうとしたところに、クロフォードのジャブのカウンターが炸裂。

ブルックがロープまで吹き飛び、クロフォードがダウンを奪う。

試合が再開されたが、クロフォードがプレッシャーをかけ、左右の強打を放ち畳みかける。

ブルックが防戦一方になったところで、レフリーが試合をストップした。

クロフォードが形成を一気に逆転して4ラウンドTKO勝ちして、4度目の防衛に成功した。

ブルックが体格差を活かしペースを握るかに見せたが、クロフォードが一発で局面を変え衝撃KO勝利となった。

決め手になったパンチは、サウスポー特有の角度とタイミングが合ったパンチだ。

僅かな隙を見逃さない、クロフォードの技術の高さを感じた。

試合後のインタビューでは「リズムを掴むのに時間がかかったが焦らず仕留めた」と答えている。

そして次戦に向けて「ウェルター級でパッキャオとやりたい」と直訴した。

クロフォードをマネジメントするトップランク社CEOのボブ・アラム氏も「この階級ではクロフォードが一番。次戦を来年の春頃にやりたい」と期待を持たせた。

ウェルター級の戦いとPFP

クロフォードは世界3階級を制覇し、スーパーライト級で初の主要4団体(WBA・WBC・IBF・WBO)の統一王者になった偉大なボクサーだ。

最強を決めるパウンド・フォー・パウンドランキングでも、リング誌で3位、ESPNでは1位にランクされる。

主戦場とするウェルター級は、世界でも人気が高い激戦階級だ。

現在WBOのベルトを持つクロフォードだが、この階級には以下の王者が君臨している。

WBC&IBF エロール・スペンス(アメリカ)

WBAスーパーマニー・パッキャオ(フィリピン)

WBAレギュラーヨルデニス・ウガス(キューバ)

他にも、元4階級王者のマイキー・ガルシア(アメリカ)や前WBC王者のショーン・ポーター(アメリカ)もいる。

スペンスとの統一戦は、両者をプロモートするマネージメントに壁がありなかなか実現が難しい。

そうなると、自身も望むパッキャオとの対戦が濃厚だろう。

クロフォードは全階級で最強を決めるパウンド・フォー・パウンドランキングではトップ3に格付けされている。

リング誌ではカネロ、井上尚弥に次ぐ3位、ESPNでは1位にランクされている。

評価が高い選手ではあるが、まだまだ一般的な知名度は低い。ライバルが多く集まるこの階級で、ビッグマッチの実現に期待したい。