ラスベガスで戦った三浦隆司が語る井上尚弥「日本でのパフォーマンスを見せてくれたら最強」

(写真:USA TODAY Sports/ロイター/アフロ)

10月31日(日本時間11月1日)にアメリカのラスベガスでWBA&IBF世界バンタム級統一王者井上尚弥(27=大橋)がWBA同級2位・IBF同級4位のジェーソン・モロニー(オーストラリア)と対戦する。

試合は新型コロナウイルス対策のため無観客で行われる。

挑戦者のモロニー

当初は4月にWBO王者のジョンリル・カシメロ(フィリピン)と3団体統一戦を予定していたが、新型コロナウイルスの影響で延期、今回のモロニーとの対戦が決まった。

オーストラリア出身のジェーソン・モロニーは、これまで21勝(18KO)1敗の戦績を誇る。主要4団体のランキングも上位ランクされこの階級での評価も高い。

唯一の敗戦は井上尚弥と戦ったIBF世界バンタム級王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)戦での判定負けだ。

日本人ボクサーで元WBA世界スーパーフライ級王者の河野公平とも対戦し、6RTKOで下している。

接近戦に強く一発で倒すタイプではないが、パワーがあるファイタータイプだ。

ロドリゲスに負けた後は4連続KO勝利で勢いがある。

予想される展開

井上は試合から1年のブランクがあるが「自分にとってプラスになる期間だった」と前向きに捉えている。

モロニーは崩しにくい相手ではあるが、噛み合えば序盤でのKO決着もあり得るだろう。今回の試合に向けてモチベーションも高い。

ボディ打ちが得意なモロニーに持久戦を強いられたら後半以降は判定になる可能性もあるが、今まで通りの戦いができれば問題ないはずだ。

唯一心配な点は怪我からの復帰とブランクだが、そればかりは試合をしてみないとわからない。

先日、最強王者と言われたワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)が新星のテオフィモ・ロペス(アメリカ)に敗れたのは記憶に新しい。

井上クラスの選手に勝てば一気に評価も変わるため、ロペスのようにモロニーも死に物狂いで向かってくるだろう。

トップクラスの試合になると1分戦っただけで相手の実力がわかる。早期の決着もあり得るだろう。

ボクシングの聖地ラスベガス

井上にとって初めてのラスベガス戦となる。

ラスベガスは、年間を通して多くのビッグマッチが行われるボクシングの聖地だ。

かつてマニー・パッキャオ(フィリピン)やフロイド・メイウェザー(アメリカ)などがこの地で戦い伝説を残してきた。

世界中のボクサーたちが憧れる舞台で、アピールするには格好の場所だ。

ラスベガスで試合の経験がある元世界スーパーフェザー級王者の三浦隆司氏に話を聞くと、

「計量の時からエンターテイメントが凄い、全ての演出が華やかだった」と日本での試合とは違った雰囲気について話してくれた。

しかし、調整には苦労したようだ。

「乾燥しているラスベガスでは汗がなかなか出なかった。また、16時間もの時差にも苦しめられた」

ラスベガスは砂漠気候で湿度がほぼゼロに近く汗が出にくい。そのため、減量や調整に苦労したらしい。

また「いつもの日本語の声援が聞けないので孤独を感じた」とも話していた。

日本とは違う環境ではあるが、ボクサーの憧れの地という事もあってモチベーションは高かったようだ。

今回の試合については「井上選手には注目している。日本で戦っている時のような、いつものパフォーマンスを見せてくれたら最強のボクサーですね」と話していた。

現在井上は、リング誌が選定している全階級で最強のボクサーを決める、パウンド・フォー・パウンドランキングで2位に選出されている。

今回の試合を機にスーパースターへの道を駆け上がってほしい。