井上尚弥「対戦相手は変わったがやる事は変わらない」WBO1位のマロニーと激突

(写真:YUTAKA/アフロスポーツ)

9日、WBAスーパー・IBF世界バンタム級王者の井上尚弥(27=大橋)の試合が発表された。

試合は10月31日(日本時間11月1日)にラスベガスのMGMグランドで行われ、WBO1位のジェイソン・マロニー(オーストラリア)と対戦する。

4月にはWBO王者のジョンリル・カシメロ(フィリピン)との対戦が決まっていたが、新型コロナウイルスの影響で延期となった。

約一年のブランク

井上は昨年11月、5階級王者のノニト・ドネア(フィリピン)との試合で眼窩底骨折を負った。

「けがの状態を含め、自分の中で100%に仕上げて挑めるのかという不安も少しあった」と話していた。

延期などによる1年のブランクがちょうど良い休養期間となっただろう。

選手にとってブランクは決して悪いものではない。試合が続くと心も体も消耗する。

昨年行われた階級最強を決めるWBSSトーナメントで圧倒的な強さを魅せた井上だが、激戦続きで、気が抜けなかっただろう。

減量やトレーニングなど試合以外でも気をつかう。舞台が大きくなればなるほど、精神的なプレッシャーも相当なものだ。

そこから少し離れ、自分を見つめ直す期間も必要だろう。試合から解放されることで、気分転換もでき気持ちもリセットできる。

自分のボクシングを見つめ直し、更なる飛躍に向けて新たな気持ちで臨める。

試合がない期間が続いたことで、リングで戦いたいとハングリーな気持ちも高まっているはずだ。

井上もSNSで「延期となっていた試合が日本時間11月1日にようやく決まりました。対戦相手は変わりましたがやる事は変わらない。ラスベガスでの戦いを楽しみにしててください」とコメントしている。

WBO1位のマロニーと対戦

対戦相手のマロニーは、21戦20勝(17KO)1敗の戦績で、唯一の敗戦は井上とも対戦経験があるエマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)戦となる。

その試合では敗れたはしたが、かなりの接戦で「マロニーが勝っていた」との声もあった。

過去には元WBAスーパーフライ級の河野公平選手との対戦経験もあり、6R棄権でマロニーが勝利している。

出入りが早く、上下への打ち分けが上手いボクサーファイターで、侮れない相手となる。

ただ一発で倒すパンチではないのと、井上が得意な中間距離で戦えば、早期のKO決着もありえる。

井上も総合的にはカシメロよりも高い選手と評価しており油断はない。

しかも、井上は海外でも高い評価をされており井上に勝てばベルト共に名も売れる。相手も死に物狂いでくるだろう。

井上は実に1年ぶりの試合となるので、どうスタイルが進化しているか、楽しみなところだ。

4団体同時制覇に向けて

バンタム級には、井上の他に、

WBO王者カシメロ

WBC王者ノルディーヌ・ウバーリ(フランス)がいる。

カシメロは、9月26日に24戦全勝(19KO)の戦績を誇るデューク・ミカー(ガーナ)と防衛戦を予定。

ウーバーリは、12月12日に世界5階級制覇のノニト・ドネアと対戦予定だ。

直接対決はないが、来年に勝者と対戦の可能性は大いにある。

これまで日本人で4団体同時制覇を達成したボクサーはいない。

世界の歴史でもまだ、4名しか達成していない快挙だ。

全階級を合わせて最強を決めるパウンドフォーパウンドランキングで3位に評価される井上だが、ここを勝ち進めば一気に評価も上がるだろう。

日本のボクシング界を牽引する井上の活躍に期待したい。