2階級王者 京口紘人が見据える拳四朗との統一戦「決まれば楽しみです」

全てスタッフ撮影

新型コロナウイルスの影響で、中断していたボクシングの試合が今月から再開した。

自粛中は、トレーニングに制限が出たり、試合も延期や中止になったりと先が見えない状況が続いた。

そんな中でも、高いモチベーションを保っていたのが、WBAスーパー王者の京口紘人(26=ワタナベ)だった。

3度目の防衛戦に向けて、ジムワークを再開させた彼に話を聞いた。

ジムメイトが一緒だと頑張れる

ーーー最近のトレーニングはどうですか。

京口:まだ、コロナが完全に収束していないので、マスクを着けてロードワークをしたり、スパーリングができなかったり、感染症対策をしながら行っています。

それ以外のトレーニングは通常に戻りつつありますね。

ーーー自粛中のトレーニングはどうでしたか。

京口:基礎の底上げや、普段できないような変わったトレーニングもしました。

ーーー変わったトレーニングとは。

京口:1キロのボールをストレートに見立てて、投げて、受け取って、ストレートのフォームを定着させるようなトレーニングです。

ーーー自主練習からジムでの練習に戻りましたが、どうですか。

京口:きついトレーニングでもジムメイトが一緒だと頑張れます。自主練習だと自分との戦いになるので、追い込むのが大変でした。

トレーニングの様子 ミット打ち
トレーニングの様子 ミット打ち

体がフィットしてきた

ーーー体つきもがっしりしてきましたね。今の体重はどのくらいですか。

京口:ご飯食べて57キロ、練習後で56キロぐらいです。

ーーーミニマム級から階級をあげて、ライトフライ級に体がフィットしてきたように感じますか。

京口:そうですね。

ミニマムの時は極限まで体を絞っていたので、ベストパフォーマンスではありませんでした。

パワーもミニマム級では50%しか出せなかったのが、80%くらい出せるようになったと感じています。

ーーー今後の課題は。

京口:バランスやディフェンスですね。シャドーでも意識して行っています。

ジャブでも頭を振る、足で外すなど基礎的なことですが、今まで以上に考えるようになりました。

でも実戦で養っていくタイプなので、スパーリングができないと具体的にイメージできません。

ーーースパー以外は、通常のトレーニングができていますか。

京口:そうですね。

ーーー体つきも変わってきて、持ち味のパンチ力も上がったのではないですか。

京口:だいぶ上がったと思います。

とはいえ、パンチ力だけではKOできませんから、タイミングや角度といった技術も身につけていきたいですね。

ーーーKOへのこだわりはありますか。

京口:観ていて面白い試合はKOに繋がるような、アグレッシブなボクシングだと思います。そこはこだわっていきたいですね。

インタビューの様子 左・筆者、右・京口
インタビューの様子 左・筆者、右・京口

拳四朗との統一戦について

ーーー他の団体の日本人王者・寺地拳四朗選手との統一戦も期待されていますが、どうですか。

京口:強い選手というのは、アマチュアの時から感じています。もし試合が決まれば楽しみですね。

ーーースパーしてみてどうですか。

京口:距離感、ジャブ、全体的にまとまっていますね。パンチの当てづらさも感じました。

ーーーコロナ終息後、試合はいつ頃にしたいですか。

京口:年内にはしたいですね。

ーーー来年にはビッグマッチ。

京口:やりたいですね。やるからには盛り上げます。

ーーー今後、ボクシングを通して伝えたいことはありますか。

京口:ボクシングは歴史が長く、敷居の高いスポーツだと思っています。ですが、世界王者になっても認知されない時代です。

その中で自分をどうプロデュースしていくかと考えたときに、僕はYouTubeで発信していくことを決めました。

YouTubeをきっかけに「京口紘人」を知ってもらって、試合を見てもらい、ボクシングの良さを知ってもらえたらと思っています。

現役ボクサーの中で、いち早くYouTubeをスタートした京口。まもなく登録者数10万人を突破する。

京口も「YouTubeのおかげで、ファンも増えてきている」と話していた。知名度を上げる活動として大きな意味を持つだろう。

京口の魅力が詰まったチャンネルにぜひ注目してもらいたい。

京口紘人のYouTubeチャンネル
京口紘人のYouTubeチャンネル