田中恒成が激戦のスーパーフライの王者たちについて語る「井岡選手の強さを感じた」

写真提供 FUKUDA NAOKI

3階級王者でWBO世界スーパーフライ級1位の田中恒成(25=畑中)を迎え、トークライブを行った。

田中は昨年末の試合を最後にフライ級から階級を上げ、スーパフライ級に主戦場を移した。

この階級は、世界的に注目を集めている階級で、ローマン・ゴンザレス(ニカラグア)、

ファン・フランシスコ・エストラーダ(メキシコ) 、

井岡一翔(31=DANGAN AOKI)が王者として君臨している。

主要4団体の王者たちの印象や、エピソードを語ってもらった。

4団体王者たちの印象

ーーーWBA王者ローマン・ゴンサレスの印象はどうですか。

田中:コンビネーションが上手い選手です。程よいスピードで長時間打ち込んでくるので、それを対処していくのは難しそうですね。

ーーーどう戦いますか。

田中:まだ具体的なイメージはありませんが、インとアウトを繰り返して、ヒットアンドアウェイで戦います。

ーーーWBC王者エストラーダはどうですか。

田中:どんな相手でも対応するオールマイティーな選手です。戦ったら一番噛み合うかもしれません。

ーーーIBF王者ヘルウィン・アンカハス(フィリピン)はどうでしょう。

田中:アンカハスの試合はリングサイドで観たことがあります。

前後のステップでパンチを外したり、踏み込みも鋭いものがあります。加えて、ストレートが伸びますよね。

アンカハスも上手な選手という印象です。

ーーーWBO王者の井岡一翔選手はどうですか。

田中:基本の完成形みたいなボクシングです。洗練された無駄のない動きという印象が強いです。

5月30日トークショー 左・木村悠(筆者) 右・田中恒成
5月30日トークショー 左・木村悠(筆者) 右・田中恒成

井岡とのスパーリング

ーーー以前、井岡選手とはスパーリングをしたと聞きました。

田中:だいぶ前ですが、高校3年生のインターハイの前にやってもらいました。

ーーーすでに井岡選手が世界王者になっていた頃ですかね。

田中:そうです。僕が大阪の高校で合宿していた時、井岡ジムにスパーリングに行くことになりまして…

ーーーワクワクしましたか。

田中:いいえ、全く。当時、僕は高校生で、相手は世界チャンピオンですから。ちょっとビビりながら行きました。

ーーーそうですか(笑)何ラウンドしたのですか。

田中:4ラウンドです。ストレートに井岡選手の強さを感じた、そんなスパーリングでした。

写真提供FUKUDA NAOKI
写真提供FUKUDA NAOKI

シーサケットとのスパーリング

ーーースーパーフライ級は強豪が多いですね。4団体王者に加え、元WBC王者のシーサケット・ソー・ルンヴィサイ(タイ)もいますし。

田中:実は田口良一選手(元WBA・IBF世界ライトフライ級統一王者)と戦う前に、タイでシーサケットとスパーリングしました。

ーーーシーサケットはサウスポーですよね。

田中:田口選手を想定して、本当は右の選手とスパーしたかったのですが、もともと右で戦っていたようで、右でスパーをしてくれました。

ーーーどうでしたか。

田中:単純に強かったですね。

それに、もともと右でやる約束だったのですが、4R目で急にサウスポーに変えてきたんです。

「話違うじゃん!」って焦りました(笑)

ーーーシーサケットも本気で打ち合ってみたかったんでしょうね。

田中:驚きましたが、本音を言うとサウスポーのシーサケットと戦いたかったので嬉しかったです。

何かを伝えられるボクサーになりたい

ーーー最近、ファンとの交流も積極的に行っていますね。

田中:はい。SNSには力を入れています。6月15日、25歳の誕生日にはYouTubeを始める予定です。

ーーー始めようと思ったきっかけは。

田中:5戦目で世界を獲った時から「5」という数字が好きなんです。だから、5階級制覇の目標を立てたのです。

そして今日、5月30日はチャンピオンになって5年目の日です。ひとつの節目だと感じています。

ーーーなるほど。では、25歳の誕生日も節目ということですね。

田中:はい。今まで、自分の強さを求めて戦ってきましたが、この節目に「人に何かを伝えられる」ボクサーになりたいと思っています。

25歳の誕生日となった、6/15(月)からyoutubeチャンネルをスタート。

田中は「このチャンネルで、いろいろなことにチャレンジしていきます」と語っている。ぜひ注目してもらいたい。

本人提供
本人提供