無敗の3階級王者 田中恒成がもっとも意識している選手とは

提供 FUKUDA NAOKI

無敗で3階級を制覇したWBO世界フライ級チャンピオン田中恒成(24=畑中)。

昨年末に行われた試合では、日本人キラーのウラン・トロハツ(中国)を豪快なKOで沈め、3度目の王座防衛を果たした。

快勝であったにもかかわらず、田中は試合後のインタビューで「もうそろそろ一皮むけたい」と話していた。

若くして3階級を制覇したが、自分の結果に決して満足していない。

試合を終えた田中と名古屋市内の飲食店で待ち合わせし、インタビューを試みた。

試合を終えて

ーーー年末のウラン・トロハツ戦を終えて今の心境はどうですか。

田中:試合は満足しています。

ーーー自分の中で何か手応えはありましたか。

田中:ありました。これまでは、過程が良くて試合が悪かった。過程は悪くて試合は良かったということはありました。

ですが、過程も良くて試合も良かったということはありませんでした。

今回はきちんと過程をつくった上で試合も良かったから、結果に結び付くということが分かって良かったです。

ーーー私も現地で観戦しました。力強さも増していましたね。

田中:減量がうまくいって調子が良かったおかげで、いつもより身体に力がありました。それをそのまま試合に出せました。

ーーースピードもかなり増していましたね。

田中:実はライトフライ級に上げたあたりからスピードが落ちている感覚がありました。それを大晦日の試合で取り戻すことができました。

ーーースピードについてこだわりはありますか。

田中:あります。スピードは一番の武器でこれで負けたくないと思っています。

意識を変えた

ーーー試合後の会見で「調整がうまくいったことが一番の勝因」と語っていましたが、減量方法を変えたのですか。

田中:一番変えたのは「意識」ですね。

ーーー意識ですか。減量に関してはどうですか。

田中:減量も自分の気持ち一つですよね。今回は本当に失敗できないという危機感がありました。

今までの試合は勝っていても、レベルの低いパフォーマンスをしているのは分かっていたのです。

このままでは本当に普通のボクサーになってしまう、それがとても嫌でした。

なので、減量でどうにかなるものならと意欲的に取り組みました。

意識している選手

ーーー今の階級に限らず、他の階級で意識する選手はいますか。

田中:いっぱいいます。

ーーー井上尚弥選手(26=大橋)とか。

田中:もちろん。

ーーー今はいい選手がたくさんいますよね。

田中:拳四朗選手(28=BMB)は安定感があるし、京口紘人選手(26=ワタナベ)も強いですよね。

提供 FUKUDA NAOKI
提供 FUKUDA NAOKI

ーーーやはり同じ日本人の世界チャンピオン、特に軽量級の選手を意識しますか。

田中:はい。特に尚弥さんは刺激を一番受けます。

ーーーどういったところに受けますか。

田中:強さです。

ーーー超えたいですか。

田中:1番ですから、超えたいという想いしかありません。

ーーーモチベーションになりますね。

田中:そういう人がいるからもっと頑張ろうと思います。海外の選手ではなく日本人選手だからこそ、なおさら意識しますよね。

しかも、世界のトップになろうとしている人ですから刺激を受けます。

ーーーー学生の時から井上選手の存在は意識していましたか。

田中:学生のときは僕の兄(田中亮明)が井上選手と試合をしていました。

当時僕は兄にかなわなくてボコボコにされていました。

ーーー恒成君がですか。

田中:はい。兄とは同じ階級だったのにスパーリングもやらないぐらいでした。

井上選手は、その兄に勝っていたので強いなと思っていました。

ーーーでは、井上選手のことは高校生の時から意識していたのですね。

田中:そうですね。

今後の田中

ーーー今後の目標やゴールについてどう考えていますか。もっと強くなるということでしょうか。

田中:そうですね。抽象的なことしか言えないのですが、まだ全然満足できていません。

ーーー足りない、満たされない感じですか。

田中:そうですね。試合で勝ってうれし涙を流してみたいです。そういう勝利を、そういう戦いを望んでいます。

絶対勝てないと思ってしまうような試合にチャレンジして、真剣に取り組んで、それで勝てたら絶対うれしいと思います。

ーーーそういうヒリヒリする試合をしたいということですか。自分が勝てないような強い選手と戦いたいということですか。

田中:そうですね。

ーーートップになりたいという想いはどこからきていますか。

田中:ボクシングを始めたときから、それしかありません。

ーーーなるほど。では、世界チャンピオンになるより、自分の強さを証明したいということですね。

田中:そうです。評価よりも、一番強くなりたいということです。色々な思いを抱えてここまで来て、今はそれしかありません。

スタッフ撮影
スタッフ撮影

この取材後、2月4日名古屋市内で行われた会見で、田中が階級をスーパーフライ級に上げ4階級制覇に挑戦すると発表した。

強豪がひしめくスーパーフライ級であれば田中の求める試合が実現するだろう。

今後さらなる田中の活躍に期待したい。