3階級王者の田中恒成 「スーパーフライにはやりたい選手が山ほどいる」今後の展望とは

写真提供 FUKUDA NAOKI

井上尚弥(26=大橋)を筆頭に、村田諒太(34=帝拳)、井岡一翔(30=Reason大貴)と日本人ボクサーの活躍に世界でも注目が集まっている。

その中で、今後の活躍がもっとも期待されているボクサーがいる。

WBO世界フライ級チャンピオン田中恒成(24=畑中)だ。

年末の試合では、日本人キラーの挑戦者ウラン・トロハツ(中国)を相手に見事なパフォーマンスで3RKOで勝利した。

試合後の会見では、会心の出来だった試合にも満足できなかった様子で「ひとかわ剥けたい」と話していた。

その発言を受けて、試合から1ヶ月近く経った田中に今の心境と今後について取材を試みた。

減量とパフォーマンス

インタビューのため、名古屋駅近くの飲食店で待ち合わせた。

現れた田中は綺麗な顔をしており、体もシェイプされていた。

話を聞くと、試合が終わってから4日後くらいにはトレーニングを再開していたようだ。

田中は、2013年にアマチュア実績を得てプロデビュー。

デビュー当初は最軽量級のミニマム級で戦っていたが、当時から減量には苦労していた。

そこから僅か5戦目で世界タイトルを獲得し、初防衛後に階級を上げて2階級制覇を達成。

そして、プロ12戦目でフライ級のタイトルも獲得し、3階級制覇を達成した。

プロ12戦目での3階級制覇達成は、現役最強王者と言われるワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)につぐ世界最速タイ記録となる。

輝かしいキャリアを築いている田中だが、本人は自分のパフォーマンスに納得がいっていない。

そのパフォーマンスの邪魔をしていたのが「減量」だ。

試合のたびに10キロ以上の減量をしいられ、ポテンシャルの半分も発揮できていないと嘆いていた。

年末の試合では、これまでの調整方法を変えたことで手応えを掴み、KO勝利に繋がったようだ。

本人も「手応えはあった。試合までの過程も良くて、結果に結びついて良かった」と話していた。

何が変わったのか、本人は「一番変わったのは意識。これまでは勝ってはいてもレベルの低いパフォーマンスだった。このままでは、普通になってしまう。実力も出せずに終わってしまうのが嫌だ」と語った。

「変わりたい」という強い想いが田中をさらに進化させた。

画像

倒したい選手がいっぱいいる

試合から少し経ったが、まだ今後については決まっていない。

今月中には階級を上げるか、今の階級にとどまるか、陣営と話し合って決めるようだ。

田中は「倒したい選手がいっぱいいる。誰とでもやりたい」と笑顔で話していた。

階級をフライ級のままとどまった場合、望むのは統一戦だ。

現在この階級には以下の王者達が君臨している。

WBA アルテム・ダラキアン(ウクライナ)

WBC フリオ・セサール・マルティネス(メキシコ)

IBF モルティ・ムザラネ(南アフリカ)

昨年の年末には、ムザラネと3階級王者の八重樫東(36=大橋)が戦った。

その試合を見た田中は「やりづらくて嫌なタイプ。無傷では終われない」と話している。

ひとつ上のスーパーフライ級は更に激戦となり、ビッグネームが揃っている。

田中も「スーパーフライには、やりたい選手が山ほどいる」と話していた。

現在スーパーフライ級は以下の王者が君臨している。

WBA カリッド・ヤファイ(イギリス)

WBC ファン・フランシスコ・エストラーダ(メキシコ)

IBF ヘルウィン・アンカハス(フィリピン)

WBO 井岡一翔(30=Reason大貴)

この他にも、4階級王者のローマン・ゴンザレス(ニカラグア)、ロマゴンに勝利したシーサケット・ソー・ルンヴィサイ(タイ)など強豪が多い。

階級を上げれば「動きももっとよくなるし、調子もよくなる」と話し、減量苦からも解放され、更なる進化が見込まれる。

試合で嬉し涙を流したい

若くして3階級制覇を達成した田中だが「世界王者になってからも自分のパフォーマンスに満足がいっていることはない」と自己評価は厳しい。

ボクサーにとって世界王者は一つのゴールだ。

それを達成した後に、次の目標を見つけられない選手も多い。

しかし、田中は自分に厳しくハングリーだ。ベルトの数や複数階級制覇などの実績は嬉しいが、そこを目指しているわけではない。

求めているのは「本当の強さ」だ。

「目標は一番強くなること。自分より強い選手はいっぱいいる。それがいる限り目標は消えない。負けるかもしれないけど、全員倒したい」と話した。

憧れや理想としているボクサーについて聞くと、

「目標や理想よりも今の自分が嫌だ。現状を変えたい。結果に全然満足していないし、満たされていない」と熱っぽく語った。

田中は強さへの欲求が非常に大きい。だからこそ求める理想もでかいのだ。

「周りの評価よりも自分への評価。無理だと思うことにチャレンジして勝てたら嬉しいし、試合で嬉し涙を流したい。満足したい」と話した。

まだ24歳と若く、ボクサーとしてのキャリアはこれからで最終ゴールは見えていない。

満たされない想いを胸に、理想のボクシングの完成を目指してリングで戦い続けている。

統一戦に進むのか、階級を変えていくのか、今年は田中のキャリアにとって非常に大切な年となるだろう。

田中のチャレンジから目が離せない。

著者と田中恒成
著者と田中恒成